FC2ブログ

蜘蛛の糸の別解釈で気づいたこと・・・

蜘蛛の糸の別解釈で気づいたこと・・・

先日、何気なしにネットをみていたら
芥川龍之介の蜘蛛の糸はなぜ切れたのか?という
内容のコラムに出会いました。

芥川龍之介の蜘蛛の糸といえば 小学校か中学校の
教科書にものっているような有名なお話ですね。
image33.jpg

地獄にいる大悪党の男が生前 小さな蜘蛛の命を助けたことから
慈悲を感じたお釈迦様がチャンスをやろうと
蜘蛛の糸を地獄に垂らしてあげます。
それを見つけた大悪党の男は 蜘蛛の糸につかまり天に向かって
登り始めます。その光景をみた他の悪党達も続いて登ってきます。
何百 何千人ともいえる大勢の悪党達が登ってきたので
大悪党の男は、細い蜘蛛の糸が 重みに耐えかねて切れてしまう
と思い、「これは俺の糸だ おまえ達は降りろ!!」と
叫びます。
そのとたん、蜘蛛の糸は 男が持っているちょうど手前で
ぷつんと切れてしまい。元の地獄にまっさかさまに落ちてしまった。
というお話です。

これは 自分のことばかり考えて 相手を思いやらないから
罰があたって切れてしまったのだ という解釈だったように
思います。

そんな蜘蛛の糸について とあるコラムでは
なぜ蜘蛛の糸は切れたのだと思う?と第三者に尋ねます。
そして こう締めくくります。「信じなかったからだ」と

私はこの解釈に久しぶりに感動を覚えてしまったのです。
これは俗に言う やったことが帰ってくる宇宙の法則を
表しているんだと思っていたけど こうきたか!!と思えるほど
まるで宇宙からのメッセージのようにまで感じたのです。

そうなんです。神様が垂らしてくれた蜘蛛の糸は
神様が創造した代物です。神様が創造したものは絶対に完璧なのです。
助けようと垂らした糸は切れるはずなどないのです。
だから 信仰心があれば 自分を初め 全員に助かるチャンスを
あげることが出来たわけです。

「信仰心」といっても 何も宗教に入って なんらかの
信仰を持たなければならない とかいってるわけではありません。

つまり神様が創造したものは完璧であるということは 
私たち人間も、この周りにある状況も 
良いも悪いも全てにおいて完璧だということなのです。

本当の信仰心というのは こういうことではないか?と
神様に手を合わせて願いを叶えてほしいと
祈ってばかりいるのではなく、全て完璧であると信じることだと。

こうすれば良かった ああすればよかったなどと 
私たちは後悔したり 念のためにと未来について準備します。
全て完璧なんだと宇宙を信じることが出来たなら 
必要だったから今の現状があるんだと理解できます。

そして 自分が神の創造物であるならば 限界を決めているのは
自分の勝手な思い込みなのではないか?とまで思えてきます。

この寓話のおかげで「信じること」の本当の意味がわかった気がして
感慨深い気持ちでいっぱいになったソフィーでした。(o^^o)

忙しいだけの毎日から気づきの毎日へ
日常の何気ないことが宇宙からのメッセージだったりします。
あなたも ちょっとした些細なことから始めて見ませんか?

Mama Sophie

令和元年 英語による気づき

こんばんは ソフィーママです。

ここ数日の京都は お天気も良く風が爽やかで
なんとも心地良い日々が続いています。

きっと観光に来られた外国人の方々も
京都ってなんて過ごしやすい所なんだろうと
大好きになってくださるかたも多いに違いありません。

しかし あと一ヶ月もすれば 恐怖の真夏がやってきます。
そう、『私たちは蒸し餃子だったのか?』と誤解してしまうほど
あの息もできないほどの灼熱の京都があなたを
待っているのです・・・ひ~っひひひ ^m^

と・・・絶対観光大使にはなれない 京都在住35年目にして
ますます 「いけず」に磨きがかかっているソフィーです。(^_-)-☆

こんな冗談も普通に出るくらい、現在京都では
外国人を見ない日はまずありません。
オリンピックも来年に控え、ますます日本に興味を持って
下さっていることと思います。

クロアイ京都店にも
外国のお客様がたくさんご来店下さり、
いちびり(嬉しがり)のソフィーはお話したくてたまらないのですが
スムーズに英語がでてきません。

そこで 最近再び英語を独学しなおしているのですが
昔は気付かなかった 英語と日本語の大きな違いに
本当に目から鱗といいますか とっても驚いているんです。

英語がここまで 自分を主張しなければならない言葉である
ということを知らなかったんです。
海外ドラマの英語字幕をみても 主語だらけで
簡単な中学英単語での会話すら意味がわかりません。

単語の種類で勝負するといった学習方法だった学生時代の
英語とは違い、簡単な単語で話す本当の英語が
なんか違うぞ?おかしいぞ?と近頃妙に興味津々で・・・(^_^;)

それもこれも 日本語は単語で説明しようとする言語に対して
英語は時制で説明する言語だからというのも初めて知りました。
そして 私がどうしても英語のニュアンスがつかめなかった理由も・・・

それは・・・自分を中心にすえて 自分が動き回りながら
世界をコントロールしようとするのが英語的世界ならば・・・ 

自分をすっと消し去りながら 宇宙が動いていくままに何事も
受け入れていく ということを修行している私にとっては真逆な世界であるなぁと
気付いてしまったからなのです。
そりゃあ 難しいわなぁ~ と改めて納得した次第です。(^_^;)

『どの言語も元をたどると一つの言語に行き着く 日本語以外は・・・』

という記事を読んだことがあります。
DNAでも日本人だけは 何処から発生したかわからないらしく
その日本人が使う言葉も ルーツが分からないという
私たちは 分からないだらけの人種なんだなぁと いうことを
最近よく目の当たりにします。

全ての言語を調べたわけではありませんが、主語を使わずに、語順も
ばらばらで通じる言葉というのは 多くないのではないでしょうか?
しかも 全体を感じて 空気を読んで という国民性は
世界でも珍しいのだと思います。そんな少数派の感覚のまま
英語をしゃべろうとしたって しょせんそれは おかしなこと。

私たちは世界でも珍しい文化に生まれ育ち(年号があるのも日本だけ)
特殊性を重んじるようにも教育されていず、世界との違いもあまり
認識せずに日々生きているのかも知れません。

この年齢になっても 知らなかったことや気付くことがまだまだあります。
令和元年!! そんな色んな出来事に 常に
驚きや喜びを持って生きられる人でありたいと思っています。

ソフィーママ

あけましておめでとうございます。

こんばんは ソフィーママです。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。(^O^)

大波乱の2018年を乗り越え 
今年は飛躍の年としたいものですね。
年号も変わることですし 今年はなんだか
「わくわくの予感」です (^_-)

ここ数ヶ月、本を読んだり、外に答えを求めたりするのに
少し違和感を感じ始めていました。自分なりに
気になる石を持って 瞑想を試したりしていました。

あまりのも情報過多の昨今、外を歩くだけでも
思考の渦が飛び交っているのをキャッチしてしまい
心がざわつくことも多々ありました。
リセットするためには静かに内に入ることが
必要だったのかもしれません。

マインドフルネスが昨年に流行ったのも
みんな無意識に心を静めたいと思っていたからなのでしょう。
そういった経緯から 今年の福箱は
瞑想にテーマを置いたものにしようと思いました。

福箱を手にして下さった皆様・・・
瞑想用音楽「ioakua」をもう聴いて下さった
でしょうか?
1時間座られた方もいらっしゃると思います。
いかがでしたか?

この曲名は夢の中に出てきたものです。
「曲名はどうする?」「ioakua」で。
と言っていたのを そのまんま頂きました。

意味を調べてびっくりしました。
この言葉はハワイ語でした。
ioは本質とか真実、未知なる世界を意味し
akukaは 神 女神 という意味でした。

訳してみると ioakuaは 真実の神とか 
未知なる神とか いろいろ とれますが
私は何となく「神のみぞ知る」といった感じに
訳してみました。
未来を憂いても仕方がない 起こることは全て完璧
全ては「神のみぞ知る」といった感じです。

この曲を聴いていると本当にゆだねてみようかな
という気がしてくるので不思議です。
そして ゆだねていると身体のこわばりが消えて
全て聴き終えた頃には なんともすっきりとした
気分になっているのです。

この曲は私もエネルギー的に少し携わりました。
音のエネルギーが身体と共鳴するように
感じたままの音を入れて作ってもらいました。

瞑想は修行ではありません。
逆に気軽に日々の暮らしの中で行えなければ
意味がありません。 かといって 急に静かに座る
というのもハードルが高いものです。

こういった音楽を聴きながらの瞑想は
雑念が浮かびにくく、心を静める手助けを
してくれます。ぜひ お試し下さいませ。

また2月から、瞑想曲「ioakua」を
ご購入頂けるようになりますので、
福箱をお求めではない方も お聞き頂けるように
なります。どうぞ お楽しみに~!!
http://www.eyes-crystal.com/fukubako-music/fukubako-music.htm

ソフィーママ

地上の天使達よ

地上の天使達よ

頑張らないで がんばらないで 地上の天使達よ
我慢しないで がまんしないで 喜びが逃げてしまうから

あなたは苦しむために生まれてきたんじゃないよ
angel001.jpg

内側からにじみ出る情熱を表現したいから
笑顔が溢れる喜びの場にいたいから
どうしようもなく止まらない創造性を発揮したいから

そう、なにかをもたらしたくて
あなたは ここにいるんだよ。

どんな 出来事も味わうための三次元ならば
思いっきり泣くがいい 思いっきり叫ぶがいい
思いっきり喜び 思いっきり怒ればいい

肉体があるからこそ味わえるこの体験を
「価値ある経験」と呼べるようになったとき
この世界の醍醐味にきっと感謝できるのだろう。

翼を忘れた天使達よ

天上界を飛び回るのは、さぞかし簡単だったろう。
でもこの世界はちょっと、てこずってるようだね。

荒波を乗りこなすゲームがしたくて
降りてきた下界は、どうだい?挑戦しがいがあるだろう?
思ったよりも大変だったかい?

いいんだよ!そんなに先を急がなくても
だってゲームは何度でもやり直しがきくだろう?

焦らないで 強がらないで 目標だけを追いかけないで
誰かに認められるためでも 
何かを証明するためでもないんだよ。

人生の出来事は、ただ起こってくるだけなんだ。
それを どう料理してやろうか?
どんな風に遊んでやろうか?って それだけなんだ。
angel002.jpg

覚えておいて!!
人生はスリル満点のゲームなんだ。
今度は何が起こるかな?って 
びっくり箱をあけるような毎日を送って欲しいんだ。
そう、宇宙の願いは あなたにただ楽しんで欲しいだけなんだ。

だからこそ 自由に飛びまわれるための翼があることを
決して忘れないで。

なんたって あなたは地上の天使なんだから・・・

Mama Sophie

五次元世界の住人へ

デジタルが世界を席巻している昨今、
やれAIだ、やれVRだ、これでもか!チップ埋め込みだ
など 時代は未来に向けてより機械化している
風潮があります。
image01.jpg

しかし 皆さんご存じでしたか?
我々が目指す次元の上昇、とりあえずは次の次元といわれている
五次元世界は、なんと アナログ世界なんだということを・・・(゚Д゚)

アナログ世界を説明するときに、一番わかりやすいのは
その時代を生まれた時から知ってる人に 感覚を
聞いてみるのが一番かも知れません。

とりあえず、ソフィー達の世代50代は
ダイアル電話 短波ラジオ レコード盤など知ってた世代。

ラジオの周波数を合わすあの独特の音と微妙な感じ。
ダイアル電話の指の感覚や急ぎたい時のあのもどかしさ。
そして手入れが大変だったレコード盤の愛おしさ。
image03.jpg

この数行の文章だけで 
あのアナログの世界の感覚を理解出来るのは
ギリギリ40代までかもしれません。(^_^;)
若い世代の皆様に、感覚を言葉で伝えるのは難しいけれど
一応アナログ世代の世界観を書いていきたいと思います。

直射日光などで、ほんの少しでも曲がってしまったレコード盤は
ターンテーブルにかけると音がぐわ~んって歪んで聞こえるんです。
そのちょっとの違いが アナログレコード世代はわかる。
だから アナログ世代は耳がいい、などと言われます。

LPレコードアルバムは一枚3000円位でした。
もちろん、レンタルなどない時代です。
音楽好きな若者は なけなしの小遣いをはたいて
LPレコードを買ったものです。

それなのにレコード盤は傷みやすい。
だから傷がつかないように曲がらないように
細心の注意を払って大切に大切に保管しました。
それでも、多少のキズはどうしてもついてしまうのです。

そして そのちょっとした傷で「プツン」というノイズが
入る、ちょっとの歪みで音が変わってしまう・・・
レコード盤は私たちの世代には本当に貴重で、
敏感にならざるを得ない要素が沢山詰まっていました。
つまり最高の五次元レッスンだったといえるでしょう。

だからこそ アナログ世代の耳には 音の厚み
音の距離感、立体感などが養われ、CDなどのデジタルでは
表現出来ない 感覚レベルでの醍醐味がわかるのだと思います。
レコード盤は アナログ世界を体感するのに最高の先生と
なりうるでしょう。

人気漫画家 浦沢直樹さんは 漫画が紙の媒体から
デジタル媒体に変わったことで 逆に退化していると
おっしゃっています。
それは 次のページをめくるまでわからない 
新たな驚きの絵の展開!!という紙芝居的な
表現が出来ないからだそうです。
これもまた アナログ世界に現れる五次元的要素ですね。

クロアイパパは一級建築士時代、思った枚数の紙を指の感覚だけで
測ることが出来たそうです。20枚欲しいと思ったら
数えなくても20枚取れたのだそうです。ほぼ当たると言ってました。
この不思議な感覚はある意味、五次元的でアナログの世界です。

他にもご飯を、はかりに乗せなくてもちょうど200グラム計れる人とか
ひよこのオスメスの判別が瞬時に出来る人など、日常の業務の中で
普通にこなしている超人的な人は案外周りにいるものです。

ソフィーがやっている石のエネルギーの世界も こういった世界
の延長なのです。エネルギーの流れには様々な要素があります。
それを どこかのアナログ的な感覚で計っているにすぎません。
そして 本来これは 人間なら誰もが感じられる世界なのです。
不思議でも何でもありません。

心を込めて 職人技で作られたタンスなどは五次元世界に行っても
存在できるのだそうです。ということは 3Dプリンターなどで
ぺっぺっと作られた、うわっつらだけの立体物は
たぶん存在出来ないのでしょうね。

また感覚を高めるというのは、自然界にも深く関わるということです。
雨が降る前の匂いや 季節が変わる瞬間、嵐が来る前の風の変化
を感じることが出来ますか?
田舎に行ったときの土の匂いや、
自然の厚みが異なることがわかりますか?

より日常的な例でいえば、レストランで座る席の場や
椅子の心地よさを本当に感じて座っていますか?
ネットの情報や二次元的なゲームの世界だけで生きていると
感覚的な情報を受け取れなくなってしまいます。

代表的なもので言えば 虫の知らせや 夢のお告げ
ソフィーが実行している 3回シンクロ*ですね。
(*同じことが3回続くとメッセージであるというもの)

あなたの人生に ちょっとした ミラクルを感じなくなってきたら
それは よりデジタルな世界に埋没してしまって
五次元の世界から遠ざかっているのかもしれません。

いろいろ説明が続きましたが、
結局、ソフィーが言いたいことは・・・
image02.jpg

今ここでデジタルに染まった私たちの感覚を
アナログに戻していかない限り
五次元世界への住人にはなれないということを伝えたいのです。

最近、とても表面的なことで悩んでいる方が多いように思います。
ネットの情報を鵜呑みにしたり、よく考えたらわかるようなことに
騙されてしまったり、架空の話にきりきり舞いになっていることに
気付かれない方が増えてきている感じがしてなりません。

ここにきて こんなブログを書いたのは
私たちに備わっている感覚を思い出して欲しいからです。

それは まず五感の感覚を超えたところ
日本昔話や、ゲゲゲの鬼太郎がなんとなく恐ろしかったあの頃
妖怪たちの住むところ・・・見えない精霊達が住む世界・・・
昔の日本人達は 肌感覚で これはやばい!!って感じてました。

ある一定のラインを超えてはいけないものを
場の雰囲気で感じていました。村の長老の意見を聞いたのは
そんな 物々しい感覚を共有できたからでしょう。

もう一度 本当に大切なこと を思い出してみませんか?
情報に流されるのではなく、等身大の自身の感覚を
信じて生きていくことを始めてみませんか?

そして 一人でも多くの方にその感覚を思い出してもらうために
石で出来ることがないだろうか?というのが
長年 クロアイでやってきたことなのです。

石のエネルギーを通じて 
クロアイが何らかのお手伝いが出来たら
こんなに嬉しいことはありません。

ソフィーママ
プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から18時木曜日定休日
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR