FC2ブログ

ついに現れ始めた「なにもない」の次なるステージ

スタッフとも子が、昨年のルルドに続いて、
素晴らしい旅行に行ってくれました。
私に持ち帰ってくれた新たなエネルギーのお土産はもちろん
「湧き水」です。今回はなんと あのシャスタです。

どうも妖精にも出会ったようで、それらしき動画を見ましたが
なんとも不思議な光景でした。彼女の存在自体が
妖精のような人なので、出会って当然だなと私は思うのですが(^_^;)

そして、なんといっても この彼女のルルド→シャスタの旅が 
行っていない私にまで影響を与えるなんて 思いもしませんでした。
私にとっては妖精よりも驚きです!\(~o~)/

ルルドのキーワードは癒しのお水ですよね。
そしてルルドの水のエネルギーは以前のブログでも書きましたが
「なにもない」でしたよね。

たぶん ルルドのお水が病を治すのは 
なにもないゼロの状態に私達を戻してくれるからではないでしょうか?
「病は気から」という言葉があるように
病はある意味 何らかの情報による影響だと考えられないでしょうか?

「生がただ在る状態」の時、私達は「病」とは無縁で 
本来の今回生まれてきた意義ある創造へと向かうのではないでしょうか?
ルルドの水には そんな真っ白な生まれたての赤ちゃんのような状態を
私達に示してくれているように感じます。

さて 今回のシャスタのお水はどうでしょうか?

もちろん ルルドのお水との違いははっきりと感じられました。
それはそれは 素晴らしく澄んだ高い周波数を持ち
セージなどと同じ天地をつなぐような縦ラインの
エネルギーを持っています。

ただ 私は聖地といわれる場所のお水は どれも
ルルドと同じ、「なにもない」のかも?と思っていたので
このシャスタの湧き水のおかげで それは違うぞ、
ルルドが特別「なにもない」のだ ということが 
はっきりとわかったのです。

そして この「なにもない」のキーワードが
この後 続々と続いていくことになります。

「なにもない」というのは いったいどういうことでしょうか?
三次元では感じられないエネルギーが、違うところに
存在しているということですよね。つまり別次元にあるということです。
そうじゃないと物質として、個体や液体として
手に触れることが出来ないはずです。

こういう時に助けになる石があります。
それはオプティカルカルサイトです。
この石を使うと 意識がここに根付いていない人のエネルギーや
周波数が高すぎたり 時間枠がずれている場合などの
エネルギーをキャッチすることが出来ます。

(オプティカル・カルサイトを手に持ちながら
 調べたいもののエネルギーを感じてみます。)

早速 ルルドの水でやってみました。
すると ルルドの水は すごく早いバイブレーションを発していました。
身体がビリビリと震えてくるくらいです。びっくりしました。
振動がハンパなかったのです。

そして、この「なにもない」はどんどん 続いていきます。

先日 石の仕入れに行った時に、そのまた「なにもない」石に
出会ったのです。それは長年 捜し求めていたチベットの聖なる山の
石でした。
ネット分はその日に完売した「カイラスクォーツ」です。
(ショップには まだありますので 興味のある方は
お問い合わせくださいね。)

この石がまさか「なにもない」のエネルギーに属していたとは
驚きでしたが まるでシンクロのように繫がっていくのです。
そして その石の仕入れの1ヶ月ほど前に 私は夢を見ます。
二体並んだ大仏の夢です。

そんな大仏あったっけ?と、グーグル検索で探します。
すると 大仏を探していたはずが、
ふと見つけた航空写真で写っていた、とある町に異変を感じたのです。
「この町はエネルギーがない!!」

そして やっぱりありました!!
「水を飲んで癒された」という逸話が・・・・
ルルドと同じじゃないか!!と思い 居ても立っても居られなくなり
もう意識はその地へ飛んでいました。

さっそく 出かけていって お水をもらって来たのですが
そこのお水は やはり「なにもない」系のお水でした。
そして その土地はオーストラリアのパース以来の
私にとって 最高に心地よい場所でした。

というわけで、今 私の前には 三箇所のお水があります。
ルルド、シャスタ、とある場所のお水

これが どのように この先新たなステージとして
繫がっていくのかわかりませんが
このシンクロは今までにない未知なるワクワクを感じて
仕方ないのです。

また 新たな展開が見られましたら このブログにて
お伝えしていきたいと思っています。

とある場所は もう少し研究してみて 
私なりにエネルギー的確信が持てましたら
発表したいと思っています。

ソフィーママ 

ボディレゾナンス瞑想ワークショップについて

 3月から始まったクロアイ瞑想会も
おかげさまで15回を数えることとなりました。
ほぼ毎回満席で、再受講の方もいらっしゃるほど
大変ご好評を頂き、心より嬉しく思っております。

瞑想終了時には 皆さん お風呂上りのように
ほんわかとリラックスされ、
その日の晩は、本当に良く眠れるという
ご感想も頂いております。

そもそも瞑想会を始めようと思ったきっかけは
内なるエネルギーの世界観を体感することで
「自分でわかること」の大切さを知って欲しい
と思ったからでした。

情報化社会の昨今、スマホやモバイル機器の普及
ゲームや月額オンラインTVなど 思考を使った
娯楽が数多く存在することで 頭の休まる暇がないのは
仕方がないことかもしれません。 
マインドフルネス瞑想が流行ったのも十分うなづけます。

情報に振り回される中で、自分の存在価値や居場所が
判らなくなっている人も多いように見受けられます。
近年のスピリチュアルブームもそれを物語っているのでしょう。

そもそも私達が生きている三次元は
物質社会だけで存在しているわけではありません。
見えないエネルギーの世界は「虫の知らせ」にも似た
とても言葉では説明できないような感覚の世界なのです。

ここまでの瞑想会の中で気が付いた、
皆さんに共通していることがあります。それは
これで合ってるのだろうか?出来ているのだろうか?と
「正解を探してしまう」ということです。

学校教育や自己啓発的に何らかの目標を決めて
100点を目指すことに慣れている私達は
すぐ何かに取り組もうとします。そんな影響もあってか
「何もしないこと」という概念は難しいのかもしれません。

つまり 物質的思考のまま瞑想をやっても
エネルギー的世界を感じることは出来ません。
たった一時間座るだけの簡単な瞑想が 
とても難しく感じられてしまう理由は
ここにあるのかもしれません。

かといって、お寺に座禅に行ったり、山にこもって修行をしたり
となると瞑想があまりにも遠い存在になってしまいます。

真実の瞑想は日常の中にあると私は思っています。
頭のおしゃべりが止まり、子供の時のような純粋な驚きと喜びで
物事が受け取れるようになった時
きっと世界は今までと違って見えてくることでしょう。



ボディレゾナンス瞑想ワークショップ

それでは ここまでのクロアイのボディレゾナンス瞑想
レベル1 オープンハートメディテーションの
内容を振り返ってみましょう。\(^o^)/
『ただそこに座り、起こってくることを受け入れる』
という瞑想に入っていただきたいために
クロアイでは いろんなエネルギーの助けを借りています。

でエネルギーの場 聖域を作り、守られた中で
 安心して瞑想が出来ます。
 これがあることで 都会の真ん中でも、いろんな場所で
 リラックスした本格的な瞑想が可能になります。
(いずれ商品化します。お楽しみに!!)

ディレゾナンスミュージック
(身体に共鳴する音をデザインした音楽)
 をかけて、よりエネルギー感覚を高めていきます。
 あえて1時間という途切れない長い曲を
 瞑想用にオリジナルで作ったものです。
  レベル1  Huge ハートチャクラに働きかける曲です。
  レベル2  ioakua 身体全身にエネルギーを流す曲です。
(3枚目「We Remember」が発売中です~!)

ネルギーに合ったお香を焚いています。
 合成香料を使っていない インドやネパールの寺院で使われている
 天然原料のお香です。

ャンドルの火を使っています。
 電気を消し 薄暗い中で自然の火を見つめることで
 意識を集中し、雑念を消しやすくしてくれます。
 火のエネルギーは 私達に活力を与えてくれます。
 
霊達の助けを借ります。
 癒しの場では精霊達の力が不可欠です。
 上記の3つの要素、音と香りと光のエネルギーで
 精霊達を呼び出します。
 
単なエネルギーワークを皆で実践し
 物質社会的思考から 感覚的エネルギーの世界へ
 移行しやすい状態を作っていきます。

ルフェジオチューナークリスタルボウルを使い
 皆のエネルギーブロックを外し 
 より瞑想に入りやすくしていきます。
 ソフィーママが参加者一人ずつのエネルギー調整をします。

以上のような要素を取り入れたクロアイオリジナルの
エネルギー瞑想となっています。
瞑想開催日は 月の満ち欠けで決定しています。
レベル1は 主に 半月の時
レベル2のフィジカルフリー瞑想は 新月のときに行います。

レベル2の新月や、いずれ満月でやるときは
月に一度の機会になります。
(新月と両隣をあわせて多くて3日だけ)となります。

特にレベル2は、よりエネルギー要素が強い瞑想になりますので
レベル1を受けてから参加されることをお勧めします。

またレベル1を受けられた方でも 日々お家で
音楽を聴いて瞑想されてる方のほうが入りやすく
レベル2のような、より感覚が要求される瞑想で
様々なビジョンや 感情的な体験をされている方が多いです。

お家で瞑想をやってみたい方へ
クロアイオリジナル瞑想用CD&お香は
こちらからどうぞ



ボディレゾナンス瞑想ワークショップ 今後の予定

レベル1←お申込みはこちらから 定員6名
11月 20日(水)18時半~20時半  終了いたしました
今回の瞑想会は終了いたしました

レベル2←お申込みはこちらから 定員6名
11月 27日(水)18時半~20時半  終了いたしました
今回の瞑想会は終了いたしました

月の満ち欠けにより限られた日数でしか出来ません。
早めのご予約でお席の確保をお勧めします。


こちらもご参考になさってくださいね。当店のInstagramへのリンクです
使用する石の様子 瞑想会の様子 レベル2瞑想会の様子 ともに動画で、音が出ます

蜘蛛の糸の別解釈で気づいたこと・・・

蜘蛛の糸の別解釈で気づいたこと・・・

先日、何気なしにネットをみていたら
芥川龍之介の蜘蛛の糸はなぜ切れたのか?という
内容のコラムに出会いました。

芥川龍之介の蜘蛛の糸といえば 小学校か中学校の
教科書にものっているような有名なお話ですね。
image33.jpg

地獄にいる大悪党の男が生前 小さな蜘蛛の命を助けたことから
慈悲を感じたお釈迦様がチャンスをやろうと
蜘蛛の糸を地獄に垂らしてあげます。
それを見つけた大悪党の男は 蜘蛛の糸につかまり天に向かって
登り始めます。その光景をみた他の悪党達も続いて登ってきます。
何百 何千人ともいえる大勢の悪党達が登ってきたので
大悪党の男は、細い蜘蛛の糸が 重みに耐えかねて切れてしまう
と思い、「これは俺の糸だ おまえ達は降りろ!!」と
叫びます。
そのとたん、蜘蛛の糸は 男が持っているちょうど手前で
ぷつんと切れてしまい。元の地獄にまっさかさまに落ちてしまった。
というお話です。

これは 自分のことばかり考えて 相手を思いやらないから
罰があたって切れてしまったのだ という解釈だったように
思います。

そんな蜘蛛の糸について とあるコラムでは
なぜ蜘蛛の糸は切れたのだと思う?と第三者に尋ねます。
そして こう締めくくります。「信じなかったからだ」と

私はこの解釈に久しぶりに感動を覚えてしまったのです。
これは俗に言う やったことが帰ってくる宇宙の法則を
表しているんだと思っていたけど こうきたか!!と思えるほど
まるで宇宙からのメッセージのようにまで感じたのです。

そうなんです。神様が垂らしてくれた蜘蛛の糸は
神様が創造した代物です。神様が創造したものは絶対に完璧なのです。
助けようと垂らした糸は切れるはずなどないのです。
だから 信仰心があれば 自分を初め 全員に助かるチャンスを
あげることが出来たわけです。

「信仰心」といっても 何も宗教に入って なんらかの
信仰を持たなければならない とかいってるわけではありません。

つまり神様が創造したものは完璧であるということは 
私たち人間も、この周りにある状況も 
良いも悪いも全てにおいて完璧だということなのです。

本当の信仰心というのは こういうことではないか?と
神様に手を合わせて願いを叶えてほしいと
祈ってばかりいるのではなく、全て完璧であると信じることだと。

こうすれば良かった ああすればよかったなどと 
私たちは後悔したり 念のためにと未来について準備します。
全て完璧なんだと宇宙を信じることが出来たなら 
必要だったから今の現状があるんだと理解できます。

そして 自分が神の創造物であるならば 限界を決めているのは
自分の勝手な思い込みなのではないか?とまで思えてきます。

この寓話のおかげで「信じること」の本当の意味がわかった気がして
感慨深い気持ちでいっぱいになったソフィーでした。(o^^o)

忙しいだけの毎日から気づきの毎日へ
日常の何気ないことが宇宙からのメッセージだったりします。
あなたも ちょっとした些細なことから始めて見ませんか?

Mama Sophie

令和元年 英語による気づき

こんばんは ソフィーママです。

ここ数日の京都は お天気も良く風が爽やかで
なんとも心地良い日々が続いています。

きっと観光に来られた外国人の方々も
京都ってなんて過ごしやすい所なんだろうと
大好きになってくださるかたも多いに違いありません。

しかし あと一ヶ月もすれば 恐怖の真夏がやってきます。
そう、『私たちは蒸し餃子だったのか?』と誤解してしまうほど
あの息もできないほどの灼熱の京都があなたを
待っているのです・・・ひ~っひひひ ^m^

と・・・絶対観光大使にはなれない 京都在住35年目にして
ますます 「いけず」に磨きがかかっているソフィーです。(^_-)-☆

こんな冗談も普通に出るくらい、現在京都では
外国人を見ない日はまずありません。
オリンピックも来年に控え、ますます日本に興味を持って
下さっていることと思います。

クロアイ京都店にも
外国のお客様がたくさんご来店下さり、
いちびり(嬉しがり)のソフィーはお話したくてたまらないのですが
スムーズに英語がでてきません。

そこで 最近再び英語を独学しなおしているのですが
昔は気付かなかった 英語と日本語の大きな違いに
本当に目から鱗といいますか とっても驚いているんです。

英語がここまで 自分を主張しなければならない言葉である
ということを知らなかったんです。
海外ドラマの英語字幕をみても 主語だらけで
簡単な中学英単語での会話すら意味がわかりません。

単語の種類で勝負するといった学習方法だった学生時代の
英語とは違い、簡単な単語で話す本当の英語が
なんか違うぞ?おかしいぞ?と近頃妙に興味津々で・・・(^_^;)

それもこれも 日本語は単語で説明しようとする言語に対して
英語は時制で説明する言語だからというのも初めて知りました。
そして 私がどうしても英語のニュアンスがつかめなかった理由も・・・

それは・・・自分を中心にすえて 自分が動き回りながら
世界をコントロールしようとするのが英語的世界ならば・・・ 

自分をすっと消し去りながら 宇宙が動いていくままに何事も
受け入れていく ということを修行している私にとっては真逆な世界であるなぁと
気付いてしまったからなのです。
そりゃあ 難しいわなぁ~ と改めて納得した次第です。(^_^;)

『どの言語も元をたどると一つの言語に行き着く 日本語以外は・・・』

という記事を読んだことがあります。
DNAでも日本人だけは 何処から発生したかわからないらしく
その日本人が使う言葉も ルーツが分からないという
私たちは 分からないだらけの人種なんだなぁと いうことを
最近よく目の当たりにします。

全ての言語を調べたわけではありませんが、主語を使わずに、語順も
ばらばらで通じる言葉というのは 多くないのではないでしょうか?
しかも 全体を感じて 空気を読んで という国民性は
世界でも珍しいのだと思います。そんな少数派の感覚のまま
英語をしゃべろうとしたって しょせんそれは おかしなこと。

私たちは世界でも珍しい文化に生まれ育ち(年号があるのも日本だけ)
特殊性を重んじるようにも教育されていず、世界との違いもあまり
認識せずに日々生きているのかも知れません。

この年齢になっても 知らなかったことや気付くことがまだまだあります。
令和元年!! そんな色んな出来事に 常に
驚きや喜びを持って生きられる人でありたいと思っています。

ソフィーママ

あけましておめでとうございます。

こんばんは ソフィーママです。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。(^O^)

大波乱の2018年を乗り越え 
今年は飛躍の年としたいものですね。
年号も変わることですし 今年はなんだか
「わくわくの予感」です (^_-)

ここ数ヶ月、本を読んだり、外に答えを求めたりするのに
少し違和感を感じ始めていました。自分なりに
気になる石を持って 瞑想を試したりしていました。

あまりのも情報過多の昨今、外を歩くだけでも
思考の渦が飛び交っているのをキャッチしてしまい
心がざわつくことも多々ありました。
リセットするためには静かに内に入ることが
必要だったのかもしれません。

マインドフルネスが昨年に流行ったのも
みんな無意識に心を静めたいと思っていたからなのでしょう。
そういった経緯から 今年の福箱は
瞑想にテーマを置いたものにしようと思いました。

福箱を手にして下さった皆様・・・
瞑想用音楽「ioakua」をもう聴いて下さった
でしょうか?
1時間座られた方もいらっしゃると思います。
いかがでしたか?

この曲名は夢の中に出てきたものです。
「曲名はどうする?」「ioakua」で。
と言っていたのを そのまんま頂きました。

意味を調べてびっくりしました。
この言葉はハワイ語でした。
ioは本質とか真実、未知なる世界を意味し
akukaは 神 女神 という意味でした。

訳してみると ioakuaは 真実の神とか 
未知なる神とか いろいろ とれますが
私は何となく「神のみぞ知る」といった感じに
訳してみました。
未来を憂いても仕方がない 起こることは全て完璧
全ては「神のみぞ知る」といった感じです。

この曲を聴いていると本当にゆだねてみようかな
という気がしてくるので不思議です。
そして ゆだねていると身体のこわばりが消えて
全て聴き終えた頃には なんともすっきりとした
気分になっているのです。

この曲は私もエネルギー的に少し携わりました。
音のエネルギーが身体と共鳴するように
感じたままの音を入れて作ってもらいました。

瞑想は修行ではありません。
逆に気軽に日々の暮らしの中で行えなければ
意味がありません。 かといって 急に静かに座る
というのもハードルが高いものです。

こういった音楽を聴きながらの瞑想は
雑念が浮かびにくく、心を静める手助けを
してくれます。ぜひ お試し下さいませ。

また2月から、瞑想曲「ioakua」を
ご購入頂けるようになりますので、
福箱をお求めではない方も お聞き頂けるように
なります。どうぞ お楽しみに~!!
http://www.eyes-crystal.com/fukubako-music/fukubako-music.htm

ソフィーママ
プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から18時木曜日定休日
最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR