スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイングメーカー

ウイングメーカー

一昨年くらいから
探していた本が 昨年の春3月に再版されました。
そしてすぐ後の5月にそのシリーズの新刊が発売されました。
もちろん即購入しましたが なぜか読む気が起こらず
ずっと本棚に並んでいたのです。

2005年の発売以来 存在は知ってはいたのですが
不思議と 手に取ることもなくスルーしてしまった本の一つで、
それがあのマヤ暦が終わったくらいから 気になり始め

そして今むさぼるように 夢中になって読んでいるのが
「ウイングメーカー」なのです。

ご存じの方は なにを今更・・・と思われる方も
多いことと思います。
これを読まずして 今まで何をしていたの?
と自分を責めてしまうほど その面白い内容に 
もう腰抜かしちゃってます!!(^_^;)

確か秋の終わり頃 お店のお客様から ウイングメーカー
ってご存じですか? 面白いですよ と進めて頂いたことが
ありました。

そして 「知ってますよ。 最新の黒い本も買いましたが
内容が もう、ちんぷんかんぷんで 全くわからないのです。」
とお答えしたら 「先に三部作を読めばわかりますよ」と
教えて下さったので 手にとって読もうとはしたのです。

しかし・・・・その時は なぜか読めなかったのです。
けっこう難しい表現ではあるのですが 精神世界本は
読み慣れているので 読めないはずはないのですが
どうも 活字が羅列しているだけで心に入ってこなかったのです。

昨年末は いよいよ 読む本がなくなってきて それでも
本好きで活字中毒な私は、ついに精神世界本から離れて
ついにあの「指輪物語」でも一気読みしようかな 
と思っていた矢先のことでした。

マヤ暦に関する不思議な3日間が終わった瞬間に エネルギーの変化
に戸惑いながらも そのウイングメーカーという本を
手にとりたくなったのです。読んでみると 以前とは違って
すーっと心に情景を描くように物語が進みだしたのです。

きっと私はこの本は知識で読むのではなく ハートで感じながら
読みたかったのだと思うのです。それには 時代の変化が必要
だったのかも知れません。

さて、たいへん前置きが長くなりましたが 
私と同じように このウイング・メーカーとは なんぞや?
ちんぷんかんぷんだぞ~!!とおっしゃる方に簡単に説明します。

ウイングメーカーとは****************

1972年 ニューメキシコ州北部のチャコキャニオン
といわれる峡谷でハイカーの一行が奇妙な象形文字が刻まれた
不思議な人工遺物を発見した。しかしその峡谷の調査を行っても
何も発見されず しかしその人工遺物の異常性から
NSA(アメリカ国家安全保障局)に管轄下に置かれた。

それから21年後の1994年、謎の人工遺物が発見されたエリアで
一連の岩盤の崩落が起こり、調査を行った結果
渓谷内に大洞窟が見つかり その中に脅威の古代遺跡が発見された。

それは 硬い岩をくりぬいて作られたトンネルと部屋で
全部で23室の部屋には一連の象形文字が描かれた固有の壁画と
活動停止中のエイリアンのテクノロジーと思しき人工遺物が
置かれていた。そして23室目の最後の部屋から光ディスクが
回収された。この遺跡は謎だらけのままも 地球外生物による
タイムカプセルではないかと推測された。

そして1996年に光ディスクの鍵を外すことが成功し翻訳が進む。
タイムカプセルの製作者は自らをウイングメーカーと呼んだ。
彼らは当初予想されていたETではなく、およそ750年後
に生きる我々、未来の人類の代表者であった。

ウイングメーカーは、よく練られた計画に従って順番に発見
されるように、世界の様々な場所に合計7つのタイムカプセルを
遺していた。

1997年  光ディスクのアクセスコードを
最初に発見した科学者は ウイングメーカーの使命に異様なまでに
共感するようになった。彼はこの情報は世界に公開すべきだと
訴えかけたが、休暇を取るように進められプロジェクトから
外されてしまう。 自分の記憶を改ざんされたり破壊されたりすることを
恐れた科学者は この研究施設を脱走し、姿をくらました。

そして無作為に選んだ 一人の女性ジャーナリストに
ディスクロージャー(情報を公開)することになる。
*******************************

映画のストーリーのような 嘘みたいな話だけれど
私は何事も 内容重視派なので 信じるも信じないも
心に響いたことを受け入れるようにしています。

また そこに書かれている話が信頼できる筋の人から よく聞く
話と合致することも多いので これもまた隠された真実
なのではないか と思ってはいます。

とにかく 面白いので 興味のある方はどうぞ読んでみてください。
とはいっても難解な用語がいっぱい出てくるので
はじめにその言葉の意味を理解してしまうほうが読みやすいです。
本の中に用語の解説集のようなものが参考になります。

私もまだ最後まで読んでいないので また全て読みましたら
私なりの感想や思いを書きたいと思います。

Mama Sophie

20130117a.jpg
ウイングメーカー

20130117b.jpg
宇宙のしくみを使いこなす超ノウハウ ウイングメーカー


スポンサーサイト

最近買った本たち パート1 

と~っても久しぶりに精神世界本を数冊買いました。
全ての本はまだ読めていないのですが
ベストセラー作家のものだったり 面白そうな内容のものが多いので
私が読む前に紹介したいと思います。


①『あなたの世界の終わり―「目覚め」とその“あと"のプロセス― 』
アジャシャンティ, 高木悠鼓
00002.jpg

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4864510385/ref=oh_details_o03_s00_i01

・・・・「定着しない目覚め」から「定着する目覚め」へ
25歳で「目覚め」の体験をし、32歳で悟った著者が、
「目覚め」後のさまざまな、誤解、落とし穴、間違った思い込みについて説く!
カリフォルニアでスピリチュアル教師として活躍する
アジャシャンティの著書、日本初紹介!
スピリチュアルな目覚めを経験して、そのプロセスがどう続き、
展開するのかを理解したい人にとってのガイドとなる一冊!

「エゴの消滅には時間がかかります。目覚めの一瞥は瞬間的ですが、
その一方、そのあとに展開する夢の状態の重力を超えるというプロセスがあるのです。」・・・・


ソフィーの一言:
私は この本を8割方 読みましたが なるほど なるほど と
けっこう 頷くところが多いと感じました。

「実際の自分は問題だらけなのに、有名な聖者などのことば 
宇宙はただ在るのみ とか 決して生まれなかったし決して死なない
などの 単なる言葉の鵜呑みで すっかりと問題から逃げを決め込む」 
という 説明がとっても面白かったです。
きっと 何度も 読み返す価値のある本だと思います。



②『ネイチャーズ・リベンジ』
ミシェル・デマルケ, 甲賀 美智子
00005.jpg

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4434158910/ref=oh_details_o03_s00_i00

・・・この本は第1版が1997年に出版された、「超巨大宇宙文明の真相」の作者であるミシェル・デマルケの作品です。前作の上記の本では進化最高カテゴリー9の惑星から持ち帰ったかつてなき精緻な外宇宙情報を、作者は、進化した精神を持つティアウーバー星人のタオリから地球に住む私達に伝えるべきメッセージを忠実に本にしました。
ネイチャーズ・リベンジは、小説の形態をとり、前作での彼らの言う「自然法則」にかなった文明を手にするにはどうするのかを指南し、また自然回帰、高い精神を持っていた遠い祖先である人類への回帰を深く考えさせる内容になっています。
作者のデマルケは、昨年の日本で起こった未曾有の災害に心を寄せ日本からまず世界に先駆けて出版したと聞きます。主人公のロパのアフリカでの体験は作者の経験もおりまぜてあり、ロパに自然の法則を分かりやすく説いたロパの親友であるペペは、今まさに現在の地球人が直面している環境汚染、放射能汚染、ウイルス問題等、母なる大地、地球で起こっているあらゆる問題に問いかけ提起しています。小説としても面白く読めました。・・・・

ソフィーの一言:
この本は 前作が日本でも大好評の作家の本で
今から読むのが楽しみです。
とりあえずは アマゾンの書評を載せさせてもらいます。


③『セス・ブック 個人的現実の本質 』
ジェーン・ロバーツ,
00003.jpg

http://www.amazon.co.jp/gp/product/486451030X/ref=oh_details_o03_s00_i02

・・・日々の問題を明らかにし、人生を豊かにするための具体的で
実践的なテクニック
チャネリング本の元祖、シリーズ2作目ついに刊行!
ス ピリチュアル本の最高傑作のひとつであり、
世界中で読み継がれている超ロングセラーのセス・ブック。
1作目『セスは語る』に続く待望の刊行です!
一般的な成功哲学本やスピリチュアル本を遥かに超え、
内容に深みがあり、極めて質の高い、チャネリング本の名著中の名著。
これは、一種の世界遺産です! ・・・・・


ソフィーの一言:
セスが語るを読んだのは クロアイを始めた頃だから
10年以上前かなぁ~
そんな頃は精神世界初心者で いったいなんのことやら 
とっても難しい本のように感じました。
パラパラと目次をめくってみると 今回の本の方がわかりやすそう
ずいぶん分厚い本ですので 存分に楽しめそうです。


④『3・11で地球未来がどんどん分岐し始めた 宇宙パラレルワールドの超しくみ どのタイムラインへ舵を取るのか――選べるのはあなただけ!』
サアラ (著)
00004.jpg

http://www.amazon.co.jp/3%E3%83%BB11%E3%81%A7%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81

・・・・3・11が起きるまで、地球には3つのタイムラインがあった!
「新しい次元へ進化する地球」と「新たなタイムラインが存在せず、1940年から2060年代までを繰り返し転生する進化しない地球」、もう一つは「6つの宇宙グループが地上で宇宙戦争を開始する」というものだった!

2011年5月に最悪の可能性は回避され、地球崩壊のタイムラインは消滅した今、私たちは「アセンションした地球」に向けて、最後の挑戦をしています。
すべての人が今、善も悪も、光も闇も、2つのタイムラインの真ん中に立っています!
「アセンションした2050年の地球」――そこに向かうタイムラインを創造しているのは、
あなたが発するパラレルセルフの超パワーなのです!!
ベストセラー『アセンションの超しくみ』サアラの最新刊。・・・・


ソフィーの一言:
私は通常なら、こういったアセンション本、地球壊滅論などの本は
読まないのですが、この人の前作に載っていた 臨死体験時の
時空の図書館のような説明図が 私が体験した世界と
一緒だったのでついつい気になって 買ってしまったという繋がりで
今回も購入してみました。

今回の内容もぶっ飛びな感じですが、怖がらせるばかりではなく
きっと最後には方向性を確かめさせるような
内容になってるんだと思います。
しかし、目次を見た時点では ここまで 言い切ってもいいの?
と驚くほどの内容で興味津々です。

しかし この手の本は 全部信じなくてもいいんだと思うのです。
自分にとって 為になる部分だけ頂いて あとは小説のように
楽しむ本なんだと思います。


⑤『シャーマンへの道―「力(パワー)」と「癒し(ヒーリング)」の入門書 』
マイケル・ハーナー
61202Vyy6fL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%B8%E3%81%AE

・・・・シャーマンは自らの意識を変容させ、隠れたリアリティを探求する。
そして様々な霊の助力を得て人々の力を高め、癒す。古代より伝わる、心と体
のホリスティックな治癒システムとは―。人類学者である著者が、南北アメリカのインディアンから直接学んだシャーマンの技法をここに紹介する。・・・

ソフィーの一言:
シャーマニズムに再び、火が付いて 引き寄せられるように
またまた 再読中です。読み返す度にすごく深い本だなぁと感心します。
日本の漫画や カルロス・カスタネダの呪術的な内容が影響して
シャーマンは魔術を屈指する人だと思いがちですが
この本では もっぱら 精霊の助けを借りたヒーリングが主な内容
となっています。

シャーマニズム研究財団 アジア担当のケヴィン・ターナー氏の
シャーマニズム・ワークショップを受けてから再読すると
より深く 内容が理解出来るように思います。
ケヴィンはユーモアのセンスも抜群で とっても楽しい
シャーマニズム・ワークショップを開催しています。

5月19日 20日に京都で開催されます。
私も行きますので ご一緒にいかがですか?
興味のある方は ぜひご参加下さいね。

精神世界本に関しては まだ 数冊紹介したいものもありますので
パート2で紹介します。

Mama Sophie
プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から18時木曜日定休日
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。