fc2ブログ

(1)エナジーワールド 宇宙と一体化する

  
私達は、この現実的な世界が
そのまま自分たちを取りまいている全てだと思って生きています。
つまり目に見える、耳に聞こえる、匂い、味などの
肉体の感覚器官だけを頼りに、毎日を送っているのです。

そして、それに生じる「感情」という絶対ではないもの
常に移り変わるものを基準に、自分の方向性を決めています。
朝起きて 会社や学校に行き、出世をし 名声を得 財産を蓄え
何かに追い立てられるように忙しく人生の終焉に向かっていく・・・
しかし、本当に私達の住まう世界はそれだけなのでしょうか? 

004.jpg

もっともっと感覚を研ぎ澄ませていくと・・・・
実際の視力では見えない 何かが見えだしてきます。
私の場合は エネルギーの流れ を感じます。
または、なんとなく知っていたかのような既知感 
偶然とはとても思えないシンクロニシティ・・・
自然の中を歩いていると特に強く感じる一体感 そんな
宇宙意識というような感覚を体験することがあります。

私達の周りには自然界の精霊に満ちあふれています。
これはファンタジーなお話がしたいというわけではありません。
その精霊は言葉を変えれば 想念とも言えるし、意識ともいえます。
そういった宇宙的意識は アカシックレコードと呼ばれていたりもします。
私達の周りには目に見えない 想念というエネルギーで満ちあふれています。
いろんな思いが 飛び交っているんです。

その想念エネルギーの周波数によって 共鳴するものを
私達は受け取っていると言えます。それがインスピレーションだったり
アイデアだったりします。そういった目に見えない意識の海の中で 
私達もエネルギー体として存在しています。

003.jpg

今、地球自体の周波数が高まり、想念意識が強まってきています。
現在、想いが叶いやすいというのは 
そういった作用があるからかもしれません。
自分が思ったことがブーメランのように帰ってくるというのが
宇宙の法則です。自分のまいた種は自分で刈り取るも同じことです。

良いことをすれば 良いことが起こる 
相手に対して親切にすれば、自分も親切にされるなどと言ったりもします。
しかし、実際の自然界には善悪の判断はありません。
人間が感情や道徳観を加えてこの法則に喩えているに過ぎません。


2元制の世界では こういった法則をカルマと名付け
善悪の基準として考えたり、批判の原因となる世界観を作り上げています。
しかし、宇宙が一体化していくと この法則はどう変化していくでしょうか?
まず全てが自分と一体なのですから 対立するものがなくなります。

白の反対は黒という2元制の考え方は、実は自然界にはありません。
というのも、自然界は対立ではなく、循環するエネルギーだからです。
つまり宇宙はずっと成長し続け、終わりを迎えることがないのです。
太陽が昇らないことはありません。季節は巡り、植物などの生態系
血液の流れ、水の循環など周りを見渡してみると自然界は全てそうですよね。
常に循環し、止まることはないんです。

黄金律が示すごとく、始まりもなければ終わりもない・・・
『ビッグバンなんて実はなかった』なんて言う理論物理学者が
出てきているくらいですから、学校で習った宇宙論が
ますます違う展開に広がっていきそうで本当に楽しみです。

007.jpg

私達が目指すところは宇宙の永遠です。
この法則を生きることができれば 私達は宇宙と一体化し
朽ち果てることなどないはずなのです。
しかし、3次元の世界で人間に生まれた限り肉体の限界はあります。
とはいえ、意識を若々しく保つことで、健康かつ、悦びの中で
現役のまま寿命を全うするのは十分考えられることです。
魂が永遠であることを 理解しながら宇宙を意識して生きるなら
ただ流されるだけの人生には満足出来なくなっていくことでしょう。

魂が転生する先は 私達の意識の周波数と共鳴するところです。
より、高い意識の世界で転生したいなら、憧れの高次元な星で生まれ変わりたいなら、
まずは、今を楽しく 意識を高めて生きることが必然となるでしょう。
もちろん、今この3次元の世界であっても 目に見えない
周波数の高い世界は存在しています。意識さえ高まれば、物の見方が変わり、
瞬時にその素晴らしい世界の住人となっていることでしょう。
005.jpg


周波数が共鳴する世界で 瞬間瞬間を楽しむことが
私達の心から望む生き方なのではないか信じてやみません。
さあ あなたも一刻も早く このエナジーワールドの存在を
知って下さい。そして 自らの高い志を持って 自らの世界を
ハッピーワールドに変えていきましょう!!

Mama Sophie
プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から19時定休日なし
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR