fc2ブログ

非日常的リアリティの取り戻し方 シャーマニック・ジャーニー



クリスマスやお正月など 家族が集まる年末年始には
楽しい行事や 嬉しいことがいっぱいなのは 
小さな子供たちだけではありません。

仲良し家族、クロアイ家では もうすでに
お正月用ボードゲーム3点ととびだせ動物の森や 
バイオハザード最新版 そして超難解なミスト4を
取り揃えて準備万端です。

そのほか クリスマスのケーキはどこで買おう~
おせち料理はどうしよう 初詣はどこに行こうとか
もう気分はすっかり年末年始に向かっています。

そうなんです。日本の年末年始は 
めっちゃ幸せバージョンの現実社会。
クロパパが言うところの「人間をダメにするこたつ」(^_^;)
に入ってだらけるだけだらけて 遊びほうけて食っちゃ寝して
もうそれはそれは 物質社会に浸りきります。

はてさて ブログの内容とタイトルが
あまりにもかけ離れていませんか?
と気づかれた方も 多いでしょう。

はい ようやくタイトルに向かう話をしましょう。
つまり、私たちスピリチュアルを生きる人間にとって
この時期は非日常世界の恩恵を忘れてしまって 
「今を生きる」という 生き方から
外れてしまいやすいのです。

子供達がお正月で帰省してくる いろんな人達に会う
それはそれは 嬉しいことなのですが 
常日頃の 宇宙に任せて、ゆだねて生きるスタイル
に慣れていると そんな嬉しいことが心を乱す原因をつくり 
ある意味 違和感と感じてしまいます。

せっかく心が静まって落ち着いて人生を楽しんでいるところに 
忘れかけていた自己(エゴ)が
沸々とよみがえってしまうからです。(^_^;)

最近では 瞬間瞬間が連続して 日々続いて行く
という感覚で生きてられて 
それはつまり 些細なことは気にしない。
思い出せないことは 忘れてかまわない 
という本当に宇宙にゆだねまくりの生活でした。
それが 逆に心穏やかに過ごせる唯一の方法でした。

しかし 私も母親です。子供達が帰省して帰ってくると
そんな半ボケ状態ではいられません。
すごく記憶が繋がってしっかりしてくるのです。
すると心配したり感情におぼれたりと
心の状態にさざ波が立ってきます。 
そして「役割」や「すること」に溺れそうになるのです。

これは人の親としては自然な反応なのかも知れませんが
修練中の身としては 困った状態とも言えます。
そんな心の状態のバランス取るために 
私はシャーマニズムの方法を使って 
非日常的リアリティを訪れることにしています。

ネオシャーマニズムでは、誰もがシャーマンの世界を
学ぶことができます。
現実社会を卒業した意識の高い存在達が住む 
二つの世界へ旅をし、そこの精霊達に助言を貰ったり
癒やされたりして素晴らしい世界観を体験できます。
本当にこんな世界があったのか!!と驚きを隠しきれません。

慣れてくるとこのシャーマニズムの
非日常リアリティの世界こそが現実なのではないか
とも思えてきたり、何度もこの世界に帰ってきたい・・
愛と喜びの世界に包まれていたいとも思えてきます。

しかし 誤解してはならないのは、シャーマニズムは
非現実世界への逃避ではないということなのです。
私たちは一人で生きているのではありません。
精霊達の加護があって生きていられるといいます。
シャーマニズムでは人も動物も木も石もすべて同等
として扱われます。精霊や宇宙の加護がなければ人は
大人になるまで無事に生きられないとまで言われています。

いつも塞ぎ込んでいた知人が、シャーマニック・ヒーリングで
生まれ変わったように前向きになり 
いつも笑顔になり落ち込みもなくなったと聞きました。 
このようになんらかの理由で離れてしまった精霊を呼び戻したり
トラウマによる失った魂の一部を再統合したり、
否定的な霊的物質の除去など
精霊達の加護で行われる様々なシャーマンの方法を学ぶことで
エネルギーによるヒーリングまで行うことができるのです。

最近では 私は疑問を感じたときは本を読んで解決するのではなく
精霊達に答えを聞きに行きます。妙に納得できる答えや 
時にはゆっくり休ませてくれたりと本当にありがたい存在なのです。

そして 最初の内容のように 年末年始や現実社会に埋もれそうなとき
仕事で超忙しいときなどに非現実リアリティへ 
シャーマニック・ジャーニーすると本当に心より癒やされます。

京都では2013年1月19日・20日にネオシャーマニズムの 
ベーシックコースが開催されます。
興味がある方はぜひ 参加してみて下さいね。

http://www.shamanism-asia.com/2012/05/40000-year-old-technology/

Mama Sophie
プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から19時定休日なし
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR