誰かのためにただ側にいる

ご無沙汰致しておりました。
ソフィーママです。

いやぁあ ここ何ヶ月かは いろんな出来事が
私の身に起こってまして・・・
本当に人生って退屈しないなぁという 率直な感想と、
改めていろいろ学びがあるなぁと
心底毎日を味わい尽くしております。

もちろん ご察しの通り、普通一般的に言えば
「しんどい」と、ひとくくりに出来るような状態でしたが 
そこから 得られたことが宝物のごとくあって、
しかもめい一杯受け取ることが出来ましたよ。

人との関係があるからこそ 自分というものが
より一層はっきりと分かってきたし、
また 身体が何度も機能停止状態で
家に引きこもることで なぜか見えてくること、
発見することが多々あるんです。

本当に肉体的には行動範囲めちゃくちゃ狭いのに(^_^;)
精神的には 全宇宙を巡るほど フル稼働!!
意味深な夢もいっぱい見たし
きっと睡眠中にも何かやってると思います。

そんなこんなで 今一番思えてることは
「人生に何が起こってきても 意味のないことなんてない!!
そこから 必ず 何か学び取れることがある。」なのです。

私は 未だに「人と逢う約束ができない」
という日々を送ってます。
朝起きてみないとどんな体調か分からないからです。
例えば・・
めまいや音、光、喧騒、が一度に怒濤のごとく押し寄せてきて
家から一歩も外に出られない。
たとえ、家の中にいても 掃除機の音 テレビの光や音 
シャワーなどの水が出る音さえもダメで 
暗くした部屋に寝ているしかない日も ここ一週間ほど体験しました。
mamablog120101.jpg
全ての起こることに 意味があるとはいっても
ずーっと 部屋で寝ていると 私も人間ですから
「何のために生きているんだろう」という気になってきます。

死にたいとは思わないのですが、終いには
生きてても 死んでても 変わりないよな
とまで思えてきました。
もうやめたい こんなの止めたい!!
そうだ!!いっそのこと

「もう自分のために生きるにはやめよう!!」

この言動には あり得ないほどの意味が込められています。
というのも 今まで私は 自分のためだけに生きてきた
ような人間だったからです。

私は 見返りが起こるような出来事のきっかけを作る
のが嫌いなタイプで 人には頼らない 
自分のことは自分でやる 自分が面白いと思ったこと
だけをやる人でした。だから全て自己責任。

誰のせいにも しない代わりに ただ自由に
放し飼い状態にさえしてくれれば どんなことからでも
遊びを見つけられる 退屈無縁の人でもありました。
mamablog120102.jpg
だから一定の友人と群れたりするよりも
一人で行きたいところに ひょいひょい出かけて
あらゆる所に友達がいたり そこで待ち受ける
様々な出来事と戯れて遊んでるという感じでした。

結婚してからも変わることなく 子育てや家事も
義務的にこなすのではなく 自分の都合で気分次第に 
わがまま放題にやらせて頂いておりました。
子供達には迷惑で、変わった母親だったと思います。

ですから 誰かのためにとか 奉仕するというのは
すごく苦手で、お礼なんて言われたら
嬉しいというよりも 後々のおつきあいで
縛られるような気がして逆に嫌だったほどです。

かといって誰かと遊ぶときは 初対面の人でも得意で
なんら問題なく過ごすけど 後腐れナシという
一見冷たく思われる部分も多々ありました。
それでも自分の世界観を十分に楽しむにはなんら
問題はありませんでした。

そんな自分の力だけが頼りの私が 何も出来なくなって 
人に助けてもらわなければいけない立場になりました。
生きてる意味が分からなくなり 
存在価値まで疑うようになったのは 自然なことだった
と思います。

どっちにしろ もう自分から 動き回れないのなら
自分という代物 あるいは
幻想と化した自分という魔物から手を切って
ここで、こう宣言してしまえばいい!!

「私はもう自分のためには生きないんだぞ」と。

なんか ちょっと「ざまあみろ」といった気分でした。
もう お前なんかのために 生きてやるものか!!
これから 私は誰か他の人のために生きてやるんだ!!

すると 布団に寝たきりでいるはずが 元気が湧いて来ました。
じゃあ 誰のために生きようか? 可愛い子供のため?
いや 彼らとは絶対的な血のつながり D・N・Aを共有して
もうすでに十分生きてるし・・・

よし!!言うなれば赤の他人 それでもこんなに
私を助けてくれて、しかも 25年一緒にいても
未だに愛おしくて堪らない

「クロアイパパ」のために生きよう!!そう決めたのです。
mamablog120103.jpg
私が苦しんで寝てばかりいて
笑ってあげることしか出来なくても 
口だけは達者だから 思いっきり楽しいことを言おう。

私の世話をしてくれているときでも
喜んでくれてと嬉しいと 彼に思わせるほどに
クロパパのために心から世話される人になろう。

何も出来ない私でも こうやって存在しているだけで
愛を放射しているような人でいよう。
そう 自らの手で何かをしてあげることが出来なくても

「誰かのためにただ側にいる」

これだけは出来るのだから・・・

とはいっても 私は相変わらず「誰かのために」で
喜びを感じることは出来ません。
もともと 自己完結型なので 他者から何かを受け取る
ことに繋がる行動が苦手なのでしょう。

でも この自分のために生きてやらないという
自分に対しての「してやったり」というのは
私の新たなゲームとして 存在していくと思います。

自分という名の「自己主張おばけ」を追い込んで
手を切り、これからは 物事が起こるがまま
周りの人が私に関係して来るままに生きてやる!!
絶対「自分お化け」のしたいようにはさせないぞ。

なんか 面白そうでしょ? っていうか
今日のブログ ちょっと 意味不明でしたでしょうか?

病気だったり 失業したり 何かに打ちのめされたりして
自分の存在価値を疑わしく思った方々へ
それでも 生きる意味ってあります。

こうやって 息しているってことは 
宇宙と共鳴しているってことですし
一人 一人に 何らかの面白いバージョンが
必ずあるんです。

新しい局面を迎えるためには 後ろの扉を閉じなければ
次の扉が開かないという 仕掛けになっているようです。
今 一時停止を感じている全ての方々へ
ちょっとした ヒントになれば 嬉しく思います。

Mama Sophie

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

素晴らしい‼

ソフィー様。楽しく読ませて頂きました‼理論大好き、を自称するスピリチュアル研究者ソフィー様が、理論じゃ解明出来ない、理論を凌駕した『真我』に目覚めちゃった、そんな感じですね!今は小さい双葉ちゃんだけど、これから、森の大木に育つんですよね、多分。生まれつき身体の調子悪かったのは、多分、「エゴを削ぎ落とす訓練をするため」ですよ?この銀河を支配する神様ったら、私達の想像を遥かに絶する程「自分は控え目、他人に奉仕が最優先」的な人物がお好きみたい…。私も、18歳で既に病気で倒れ、部屋に寝たきりになり、私の仏教の先生も19歳で結核で血を吐いて余命いくばくも無いと言われて。クンルンネイゴンのKan.さんだって随分お若い時、車椅子で生活すると言われたらしいじゃありませんか。病気で寝てるしかない状態→自分なんて生きてる価値無いから→病気の看病してくれる人にだけは、せめて恩返ししよう→から、発展してって→ボランティアで困ってる人助けよう。ってなる訳ですよ。自然とそうなる。(笑)しかしそれが、最高に良いんですよ。神様って、特に目をかけて可愛がっている者には、予めわざとそう設定するみたいです。頑張って、パパ様の天使になって下さい。

ありがとうございます。

「そんな自分の力だけが頼りの私が 何も出来なくなって 
人に助けてもらわなければいけない立場になりました」。

自分のことが書いてあるの画と思うほど、旦那様がおられること以外ほとんどが合致。突然原因不明の病気になって人と会う約束すらできない…いまとても苦しいので励みになりました。

自分のために生きない宣言、私も一考してみたいと思います。

クンルンネイゴンを検索してたどり着きました、手始めにこれかもしれません(^-^)ありがとうございます。
プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から18時木曜日定休日
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR