出来事との同一視をやめてみる

「出来事との同一視をやめてみる」


夏の暑さがようやく終わったかと思ったら
度重なる台風の襲来で低気圧攻撃を受け、
またスーパームーンの満月で周波数が
ぽ~んと上がったかと思ったら 
今度はまた超低気圧でど~んと下がる。


その後大雨が降ったかとおもったら
なんと本日は抜けるような青空!!
影響を受けやすいスーパーセンシティブな人達にとって
この台風の季節は試練の時かもしれません。(^_^;)

が・・・ ここのところ思うのです。
全てにおいて 受けて立ってやろうと・・・

どうしたらいいのかという解決法や
何がいいのか悪いのか という善悪のジャッジとか
また、どうしたら 悟るのか 覚醒に至るのかにおいてまで・・・

「全てやめる」「探すのをやめる」という決心をしたのです。

そう思ったとたん なんか心がす~っと軽くなったんです。

そして やってくることを すべて拒まずに じっと
受け止めてみようと思いました。
痛みがあったら そのまんま受け入れる
イライラが止まらなかったら そのイライラ感じ続けてみる。

すると なぜか その症状は消えていくのです。

それは その症状には実体が無いから当然なのです。
私たちの本質は 痛みでも悪い気分でも ありませんから
ないものは 消えるしかないのです。

しかし抵抗するとまた現われます。それは 
嫌な気分というドラマが、抵抗することで生まれたから。

人間ですから、世俗に住んでいるといろんなことが
起こり そして 否応が無く巻き込まれていきます。
嬉しかったり 哀しかったり 腹が立ったり 
それは当然の出来事なのです。だからこそ三次元は面白い!!

でも その状態は たんなるドラマが起こっただけ。
思考や 感情 肉体で そのドラマを演じるだけ演じて 
ああもういいかなって思って そこから立ち去ると
また おのずと す~っと軽い 中庸の状態に戻っていきます。

「身体や 心 思考と 自分を同一視しないこと。」

私が最近実行していることです。

「あ~このソフィーという人は どうもまた
イライラを感じているようだな」
「いつもの 考えのループにハマリかけてるぞ」
「肩が最近痛いらしいなぁ」と 

そっと観察しているとその 悪い状態と一体化しないのか 
ど~んと重い気分になっていかず 
また いろんな出来事が長続きしません。
気が抜けたかのように 驚くほど楽になります。

太陽が昇って沈むように 全ての出来事は 起こってそして
去ってくだけ ということが 感覚で理解出来ていくと
巻き込まれたと思っても 
「あっでも まあ そんな感情が起こることもあるよな」って 
人ごとのように流れていきます。

今回の説明だけでは ちょっと難しいかもしれませんが
あっと 思い当たる方は一度試して見て下さい。
嘘のように 立ちこめていた暗雲が、す~っと晴れていきますよ。


Mama Sophie

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から18時木曜日定休日
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR