FC2ブログ

異次元の町にちょい住み

異次元の町にちょい住み

今日で3日目!!
異次元プロジェクトの一環として
この不思議なエネルギーの町に
一週間ばかり住んでみたら
何か身体や感覚に変化を感じるか?
の実験をしています。

まず その町を知るには図書館!!
とスターバックスのような全国にある有名な場所
ということで 今日は街中散歩に行ってきました。
image13.jpg
この町が最も不思議なのは 町中の建物、木々、
車、人々に至っても エネルギーを発しているように
感じないことです。通常 たとえ目をつぶって歩いた
としても何らかの建物などがあれば 圧を感じて
ぶつかりそうっ!!て感覚があるものですが
この町にはありません。

そして最も驚くのが どんな場所にも存在するはずの
見えない想念のような 気のブロック状のものが
ありません。
私が生まれた町には 確固としたエネルギー
を感じ、人の思いや 感情が空中に留まってるような
気がします。現在いる京都では、所々に線状のエネルギーが
あって まるで人と人との距離感を測っているようです。
さすが察しの街京都ですね。

こんな風に何らかの気のブロック的なものが
存在する場所が通常なのに この場所にはそれがないからこそ
ソフィーは 気になって仕方がないのです。
では そんな町を散歩すると、どんな風に感じるのでしょうか?

障害物が全くなく 歩くのも軽やかでスムーズで、
なんか全然疲れません。空気が透き通ってるというか
悪意を全く感じなかった子供時代の視点に近いというか
本当に不思議な感じがします。自然の匂いすら懐かしい感じがします。
そして もう一つこの町には大きな特徴があります。

人々に壁がありません。オープンハートなのです。
私は壁を作っている人と話すとき、調子がいいときは
その壁を溶かしちゃえ と愛ある笑顔エネルギーを送りますが
調子が悪いときは 疲れるので関わりたくないなぁと思って
しまいます。 ところがです!! ここの住人は
壁がないんです。みんな幼子のように自然体なエネルギーです。

ここのエネルギーが瞬時に全ての人をそうさせるのか?と
思いますが いえ ホテルの観光客などはエネルギーが
存在し、境界線なる壁が存在します。ですから
外の人はエネルギーを見ればわかります。

そんなこんなと感じながら歩いて
街中の図書館までやってきました。
京都とは違い 一つ一つの施設が広いです。
入ってすぐは児童図書のコーナーでした。
子供達の利用がとても多いことを表していますね。
そして 小説などの読み物 科学や歴史といったものが
多い気がしました。旧宮跡があったり、代々引き継がれる
文化が根強い町なので納得できます。

以前住んでいた京都府亀岡市には精神世界系の本が
驚くほどたくさんありました。亀岡市は大本教の本部がある
町で、霊能者の出口なおさんの出身地からも近いということも
あるのか、私にはぴったりすぎる図書館でした。

そしてこの不思議な町なら?と思ったのですが
なんと精神世界本はほぼ皆無!!自己啓発本はあるのですが
見えない世界系で言えば、宗教、哲学思想、心理学 
理論物理学系といった学問の方向性に移っていきます。

この不思議なエネルギーの中に住みながら
住人達は精神世界的な見えない世界はほとんど意識していない
のかもしれません。
また学生達の自習室も完備され、窓辺にはベンチが置いてあり
夕陽が射す穏やかな光に包まれて本が読めるなんて
なんて居心地がいいんだろうと思いました。
こんな面白い本を見つけました。
image11.jpg

アマゾンで注文しちゃった!!

さて次はスターバックスです。
スターバックスはいろんな町で見かけるので
なんとなく違いがあるのかなぁって感じで入ってみました。
夕方ということもあってか、おしゃれした若者だらけでした。
私の年齢の方や それ以上の方は皆無です。
若者のファッション的スポットになっているようでした。

年齢よりも何よりも気になったのは 店内の雰囲気でした。
天井が高く、とってもオープンな感じ、パーソナルな仕切り的な
席が全くなく、真ん中の大テーブルには自然に詰めて座り
勉強したり パソコンを出している人もいませんでした。

「これは!!私達の時代の憩いカフェスタイルじゃないか!!」
ととても嬉しくなりました。
外に出て空を見上げると先日京都でも見たUFOっぽい
丸い輪郭での羊雲がいっぱい!!

image12.jpg

ふと時計を見ると

5時55分とぞろ目 お散歩に出かけるときも時計を見ると
3時33分とぞろ目だったので おお~2回目だぁと
思いながら帰路へと向かいました。

ここですんなりとホテルに帰れないのがソフィーらしいところ
やっぱり迷子になりました。(-_-;)
グーグルマップに従って歩く内に「ここはどこ?」状態に・・・
地元の方に道を聞くと 親切にも わざわざタクシーが拾える
最寄り駅まで連れて行ってくれました。

オープンハートな出来事の締めくくりがこんな素敵な
親切に会えるなんて本当に素晴らしい一日となりました。

いろいろあってか 興奮してかなかなか眠りにつけない中
ふと時計を見ると 深夜の2時22分 またもや ぞろ目!!
そんな こんなで おやすみなさ~い 


ソフィーママ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から18時木曜日定休日
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR