fc2ブログ

新たな時代に飛び込むチャンス

今年も春らしい春が過ごせそうにないよ~
という声が聞こえてきそうな・・・
なんと2年連続でゴールデンウィーク中の
緊急事態宣言となってしまいました。

しかも京都を含むいくつかの都府県は
6月になるまでの延長となり
本当に不安な日々を送られていることと思います。

不意に災難が降りかかってきたように思える事態が続くと
我慢が次第に怒りに変ってくることもあろうかと思います。
そしてその矛先は政府や一般的な社会に向かうことでしょう。

世界全体に起ったこの事象は きっと常識の概念を
打ち壊し、新しい時代の幕開けになるでしょうと
去年なんらかの形でお伝えしたかも知れません。

さて あなたはどうなっていますか?
1a55db50180a9d6768871d85081e418e.png

そんなの「怒り心頭だよ!!」という声は
とても多いことでしょう。
人は自由を奪われると怒りや悲しみを覚えます。
何かの理由を考え、その責任の所在を探します。
どうにか解決しないと、不安で戸惑ってしまうからです。

しかし、日常が奪われることで 怒りや悲しみなどを覚える
本当の理由は、実はそこにないように私は感じています。

会社に行かないと、学校に行かないと、夢を追い続けていないと
目標を達成できないと・・・・私達はどうしたらいいのだろう?

肩書などの自分のアイデンティティがなくなると
自分の存在価値をどこに置けばいいのかわからなくなる不安から
怒りや悲しみが起ってくるのも一理あると思うのです。

私は「こういう人です」という自分の説明が出来ないと
社会に属している自分がいないと
生きている価値を失うように感じてしまうのかもしれません。
でも 本当にそうでしょうか?

社会的基準だけで 私たちの本来の価値は決まるわけではありません。
こんな事態が起らなければしかも2年も続かなければ
社会的存在から抜け出した本来の自分を見いだす
機会などは訪れなかったかもしれません。
c6d2183b8e3354fcba89bdda08f1f1cf.png

それではソフィーの近況はどうなのでしょう。

世の中がステイホームを推奨しているのをいいことに、
今まで読めなかった小説や本を読んだり 
夏用マスク作りに精を出しています。

また今まで、はまりすぎないように注意していたはずの
映画や海外ドラマ、フリーのスマホゲームで遊び放題です。
だって~どこにも行けないんだから 仕方ないじゃ~んと
仕事をしなくてもいい いいわけを大いに利用してます。(^_^;)

以前の私なら、時間を無駄にしてるわ
と仕事をさぼる自分を責めてばかりいましたが 
ある時から、それがぴたりと無くなったのです。

それは 毎日代わり映えしない自分自身に嫌気がさしたことも
理由の一つでしたが、世界全体にこんな事態が起っているのなら
「いっそのこと本当にやりたいことだけやって生きよう!!」
と思ったからです。
裏返せば、やりたくないことは「やらない」と決めました。

それは朝目覚めたときから始まります。
もっと寝たいと思ったら ひたすら寝ます。
もちろん最悪な昼夜逆転にも巻き込まれますが
何かやりたいと思うことが起るまでひたすら待ちます。

仕事に行きたいと思わなければ こんなご時世だからねって
家に籠もってばかりいます。
そして価値がありそうなことは なにもしません。
始めはこの「しないこと」を受け入れることが大変です。

小さいお子さんがいたり 家事があったり それでも
仕事が忙しい方は なかなか そのような境地には入りにくい
かも知れませんが、そんなときは 何かを頑張ってやろう!!と
積極的になるのではなく ただただ 受け入れて物事を済ませます。

そして本当にやりたいと思うことが起ってくるのを待ちます。
すると どうでしょう!! 本当にやりたいことが~突然に!!(^O^)

・・・などと書きたいところでしたが一向にやってきません。(^_^;)
なんのやる気もなくなって、なにもしたいことがなく
ただただ、日々が流れていきます。

そしてある日、自分という概念が消えていることに気が付きました。
「私はこういう人」だというアイデンティティが無くなっていたんです。
自我の消滅とか言ったら格好いいですが、
どこから どこまでが 自分の意識なのか 宇宙の恵みなのか 
よくわからなくなっていました。

これは 「悟りか!!」 といわれたら 
そんな 大層なのものではありません。
至福や愛と喜びに溢れていますか?と聞かれると
いいえ、いつもとなんら変わりなく、
特に面白いわけでもありません。

変ったことと言えば自虐や批判がなくなったことです。
責める自分がいないわけですから・・・

理由を考えたりせず、思いつきだけで生きているうちに
以前よりも体調も良くなっていることに気付きました。
それでも まだ 何にもやりたいことはやってきません。
その間はリアクションだけで生きているといった感じです。

なんでここまでしようと思ったのか?と聞かれたなら
今まで頑張って作り上げてきた社会に生きる自分
というアイデンティティを壊したかったのかもしれません。
偉そうに言えば 宇宙はこんなもんじゃない
もっともっと 凄い世界が待っているはずだ という
強い期待や願望があったのでしょう。

でも 探そうとはしません。絶対に何かやってくるはずだと
宇宙を信じて なんらテンションの変らない 平坦な毎日を
そのまま過ごし続けました。

そしてついに ようやく 昨日 それがやってきたのです・・・。
これは とても個人的なことなので 何がやってきたのかは
ここでは書きません。 

「これは すごい!!」と思うような感覚ではありませんでした。
ようやく宇宙からアクションがあったのに 
「えっそうなの?っ」て感じでした。

本来の自分がやろうとしていることは
今までの私なら 「え~~~無理っしょ」 と思われることでした。
でも 自分という概念が欠落しているので
そうなんだ~ それをやるのね と
すんなりと受け入れられたことにも驚きでした。

以前の師が、自分という概念が落ちた時からが
本当のスタートだ と言っていたことがありました。
でも 私はなかなか始まりませんでした。

そして彼はこんなことも言っていました。
自分が落ちた人に共通してなくなる質問があります。それは
「自分の使命はなんでしょうか?」というものです。

なるほど、こういう感覚だったのね と今ではわかります。
確かに もう自分の過去世が何だ?とか 
自分の使命はなんなのか とは知りたいと思わなくなっています。
だってその自分っていう定義がわからなくなっちゃったんだもの。

どこからどこまでが自分なのか 自分ってなんなのか?
もしかして自分って存在しないかも って
考える自分もすぐ消えちゃう・・・(^_^;)

そんなこんなで アイデンティティが消えたソフィーがなにげに
RENTAROの新作瞑想CDのライナーノーツを書こうと
アルバムタイトルを見てみると そこには・・・

『UNIDENTITIY』って書いてありました。(゚Д゚)
こんなシンクロありますか?・・・(^_^;)

日本語の意味は 正体不明とか全体性、自我の消滅ともいえますね。
UNIDENTITIY

たぶんこれをやるんだろうな ということがわかった後も
受け身な毎日が変るわけではありません。

逆に 何かをしようとして頑張っていた頃より
今日はどんな感じ?って毎日が新しい感覚があります。

楽しくて浮き浮きワクワクすると言うより 
宇宙やグレイトスピリッツを信頼することで
見えない優しさに包まれてる安心感といった感じです。

私にとってこのパンデミックは、大変ではあるけれど
世界的前代未聞なこの機会を活かすも殺すも自分次第なうえ
また自らの目線で世界を見始める絶好のチャンスに思えてならないのです。


~久しぶりの長編ブログ、おつきあい頂き
ありがとうございました。<(_ _)>~

ソフィーママ


パワーストーンのクロージョーアイズへ
https://www.eyes-crystal.com/smp

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から19時定休日なし
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR