FC2ブログ

抵抗するのをやめてゆだねること


この度は 皆様にご心配を頂き、心よりお礼を申し上げます。
おかげさまで、今ではあの痛みが嘘のように治まり
心身共にリラックスを心がける日々を送っています。

結局 胆石はあったものの、全ての検査に異常なし。
自分的には ストレスで固まった身体に
お正月から癖になってしまった食べ過ぎが
原因だったのではないかと思っています。(^_^;)

あれから 食べることが少し恐くなって
一日一食、腹六分目、油ものを極力控えるを
徹底しています。しかも大好きだったコーヒー絶ちも。

今回の痛みは、前回のものよりもきつく
痛み止めも通常のものでは効かなかったほどです。
激しい痛みのために凝り固まった筋肉はなかなか
ほぐれず、身体を折り曲げて歩く状態が続きました。

鍼治療や、マッサージ、ひまし油湿布などを続けて 
ようやく普通に歩けるようになったものの
ハートチャクラの位置にあたる胸骨と肩甲骨の間の痛みは
退かず、ズキズキしたままどうしても すっきりとしません。

あまりにも痛むのでリラックス効果を高めるために 
キャンドル風呂の半身浴をしていたとき、
ふとメッセージが頭の中に響きました。

「肉を忘れなさい、身体は物質だけではないのです。
エネルギー体も含めて、全体を感じてみなさい。
この痛みは変容を意味しています。
抵抗せずにゆだねてみなさい・・・」

変容という言葉が妙に気になって
その助言のとおりに 痛みに身をゆだねてみることにしました。
何で?とか どうしたら?という抵抗する気持ちではなく
ただ、ただ「胸の表が痛む 裏も痛むなぁ」 と
いう状態を思い浮かべるだけにしてみたのです。

すると・・・不思議なことに 痛みがす~っと鎮まるのです。
その夜は なんと そのまま眠ってしましました。

身体のこわばりがほぐれかけてきて あとは調整だと
感じたのでロルフィング京都の忍先生のところで
施術をうけることにしました。

抵抗せずに身をゆだねる話をしたら すごく共感してくださいました。
今回忍先生に教えてもらったのは

身体は地球の振動する動きと共鳴するかのように
微妙に自動的に動いていること。
そしてまるで単細胞生物のミドリムシのように 
手も足も全体が全て繋がって連動していること。

私達が変に意識して身体をこわばらせたりしない限り
身体はきちんと自らを自然に調整することが出来るんですね。

抵抗すればするほど その反作用する力が大きくなるというのは
クンルンでも同じことなので 知ってはいました。
しかし なかなか 実践できていなくて
つい自分の身体に対して 無理をいったり 逆に嘆いてみたり
の繰り返しでした。

今回の私の病気には 大切なメッセージがいっぱい
詰まっていたんだと思います。
もっと 自分の身体を信頼して 宇宙に任せてみようとも
思いました。

また、ちょっとしたスポーツ後での筋肉痛や
女性ならではの痛み、生理痛などにも 
この「抵抗せずにゆだねる」という 方法が有効なのではないかと思います。
病気ではない ちょっとした痛みを感じたときには
ぜひ、試してみて下さいね。

Mama Sophie

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

体調だけでなく、様々なことが毎日変化しています。
ユーミンの「やさしさに包まれたなら」の歌詞
じゃないけれど本当にすべてのことは
メッセージなのかなぁと つくづく思います。

病気も決して不幸なだけの出来事ではなく
なにかのメッセージなのだとしたら
本当に世の中に起こることは感謝でしかないと
思えてきます。

日々起こってくることに「こう来たかぁ~」と
思えるような 宇宙が起こしてくれる奇跡を
感謝の気持ちで受け取れる人になることが
私の目下の目標です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から18時木曜日定休日
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR