至福-休息-女性性の解放 パート3

至福-休息-女性性の解放 パート3

休息期間に見ていた映画でまたまた面白い気づきが訪れました。
ただただ休息してればいいのに 寝転んだままでも
やっぱり ただでは起き上がれないのは ソフィーちゃんの性分だから
仕方ないのかも知れません(^_^;)。
0914a.jpg


私が今まで、目指してきた女性像は スレンダーでなんとも都会的で
ミラジョボビッチや 今時で言えばレディ・ガガのような
男性とも肩を並べるられるようなかっこいい女性でした。

そんな私の女性観が一変したのは「髪結いの亭主」
というフランス映画でした。そのなまめかしいほどの色気ある女優さんに
女の私が一目惚れしてしまったくらいです。

女性は若ければ若いほど良的な傾向が今の世の中はびこっていますが
フランス映画に出てくる女性達は、成熟した大人の女性の魅力に
溢れています。
ガリガリでスレンダーな幼い若さでは到底出せない色香があるのです。

ほんのりと丸みを帯びたラインが最高にセクシーで 
また年と共に頬が落ちてシャープになることで 陰のある大人の女性が
演出できるのです。これは年齢が行かないと現れない兆候です。
私はずいぶん昔から 女は30歳からよ~ といってましたが
やっぱり 女は40歳から~いえ45歳からなのかもしれません。

そして これらのフランス映画を見てて 女性の美しさだけではなく
女性が持つ受容性の大切さも知ることが出来たように思えるのです。
今の時代、男性と同じように社会進出して活躍しなければならなくなった
私たち女性は、逆に男女平等を掲げ 女性の権利を主張してきました。

それに関しては 私はもっともだと思うし 女性は虐げられるのではなく
自立した存在であって当然という時代になってよかったとも思っています。
とはいえ、まだまだ 様々な場面において 男尊女卑的な要素は多く残されているのも確かです。でも私が言いたいのは そういうことではないのです。

女性には女性にしかない 役割があるというものを
私たち女は本当に理解しているのでしょうか?
男と同じならば 女はいらないわけだし 子供を産むことも
選択であって女性の特権ではないはずです。
女性が持つ本当の受容性というものを私たちは理解しているのでしょうか?

実はこの女性性に関しては隠されてきた歴史が多く存在します。
そもそも エネルギー的に 男性は火のエネルギー
女性は水のエネルギーと言われています。そして一見強そうに見える
男性エネルギーは、その都度失われてしまいますが 女性が持つ
水のエネルギーは永遠に失われることがありません。
0914b.jpg


男性は女性のエネルギーを得ることで覚醒を促してきたという
隠された歴史があります。それは古代エジプト、インドのヨガ、道教
のタントラの中にある性魔術といわれる秘儀のひとつです。
遠い昔、セックスはエネルギーの覚醒を起こすための聖なる錬金術と
されてきました。

これは現代の快楽だけのセックス 女性を辱めることで優越感に浸る
今日の風俗的意味合いのものとは大きく異なります。
また このように セックスをいやらしいもの 恥ずかしいものという
位置に貶めてきたのも このような聖なる秘儀を隠すためとも
いわれていて、もっと奥深く すごいエネルギーを生み出す方法である
ことを私たちは知らずにいるのだそうです。

様々な文献から感じた 私の個人的な意見をいうと
火のエネルギーである男性が、水のエネルギーである女性 すなわち
永遠なる受容体(聖なる充電体)とのセックスにより、互いに
磁気が発生し、その錬金術的影響の結果 意識の進化が促され
覚醒へと導かれていくのではないか? と思うのです。

女性の本来のエクスタシーは、何度も訪れ 長時間続くものですが
男性の場合は射精時のみと思われています。
しかし、この聖なるタントラでの様々な文献によれば
カーと呼ばれるエネルギー体における性エネルギーに至っては
男性もまた長時間のエクスタシーを得られるということも示しています。

以上のように セックスは快楽や遊びではなく、聖なるエネルギーの一体化
でもあることから 本当に魂から惹かれる人と繋がるべきだと感じます。
これかの次世代を生きる若者達にも この真実を知って自分の性を安易に考えず、もっと神聖なものととらえて欲しいと思います。
0914c.jpg


私はこのフランス映画の「髪結いの亭主」をみて まさに受容体である
女性としての役割を思い出し それに関する本を 数冊読んでしまった
程です。セックスに関して テクニックや シチュエーションなど
そういった雑誌のアンケートのような項目を気にするのではなく、
この聖なるタントラと呼ばれるべく 隠された奥義的な真実に、
目を向けるべきだと感じています。

そのためには 女性こそがまず、女は弱き存在ではなく 
宇宙の母神そのものであると知ること。
被害者意識でいるのではなく 本来の強さ 許容量の大きさ 
与え続けても無くならないエネルギーの持ち主であり
男に負けない!!と競い合うのではなく、男性を癒やしてあげる側
なのだということ。
だって私たちの女のほうが 繊細な男性に比べて本当は強いのですから

私自身も、もっともっと女性性を愛するために ちょっとあの女優が着てた
昔風の~あえて見せないことで色気が出せる、女っ気たっぷりのワンピース
着てみようかな~ な~んて 思ってしまった程です。 

女性であることを心から喜べて 今までは 太いなぁと悩んでいた、
ふくよかな胸や、肉付きのいい太ももが、自分に存在することを嬉しく思ったくらいですから・・・(^_^;)

次世代のセックスとは、仕方がない夜のお努めでも 快楽を求めるだけのものでもなく 聖なるタントラとして理解されるべき秘儀であるといえます。
それは 永遠に尽きることのない女性のエネルギーと男性エネルギーを融合
させるための癒やしの行為であり 次世代エネルギーの時代においては
至福を伴う互いの身体を通した聖なる錬金術でもあるのです。

これからの時代 真実の男女の関係が美しくエネルギッシュなものになっていくことを願ってやみません。


参考文献:マグダラの書 著 トム・ケニオン ジュディ・シオン 
     プレアデス タントラワークブック 著 アモラ・クァン・イン
     タオの暗号 著 千賀一生
     クンルンネイゴン 著 マックス・クリスチャンセン
     11分間 著 パウロ・コエーリョ
     なぜ性の真実『セクシャルパワー』は封印され続けるのか
            著 夏目祭子

Mama Sophie

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ね いいでしょ! 共感して頂いて嬉しいです。
年齢によって 少しボリュームが出た身体を愛おしく
思いながら 素敵な映画を見て 苦手だった女性性を
ますます解放していきたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こちらこそ よくして頂いて 
とても楽しかったです。
また どこかでお会いしましょうね!!
プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から18時木曜日定休日
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR