FC2ブログ

常在菌との共生 

最近、ふと思うことあって またまた実験を始めました。
といっても エネルギー実験ではなくて 共生のための実験??です。
誰との共生?はい それは「菌」との共生です。(゚_゚;)

IPS細胞がニュースになったからって いくら目に見えないものに興味が
あるからといっても そっちのほう?? ついに ソフィーも・・・・
いえいえ そういうことではないんです。
20121109a.jpg


ここのところ、抜け毛がひどいなぁと思っていたのです。
シャンプーの度に ごっそり抜けるので ホルモンの関係もあるだろうけど
このままだと 髪がなくなってしまうぞ と思うほどだったのです。

そこで ネットで検索していたら 「髪洗いすぎ」「顔洗いすぎ」という
項目に引っかかり、皮脂を洗いすぎてしまうと 常在菌がいなくなってしまう
ということに辿り着いたのです。

ここで はてさて 常在菌とはなんぞや ということになるのですが
私たちの皮膚に住む 簡単に言えば良い菌のことです。
この菌のおかげで 常に皮膚細胞が生まれ変わり 健康な状態に
保つことが出来るのです。
20121109b.jpg

つまり ソフィーがやっている実験とは この常在菌と有効な関係を
作るため 皮脂を落とさない実験「シャンプーや石けんで肌を洗わない」
「その上、化粧水やクリームなどお手入れもしない」
ということを やっているのです。

「え~~~ソフィーママ 汚~い 臭くならないの?」という声が
聞こえてきそうですが・・・(^_^;)
実は現代社会の この洗いすぎ、除菌、抗菌で常在菌を取りすぎることで 
結局 悪玉菌を寄せ付け 悪臭 または 乾燥肌 アトピーなどの トラブルの原因となっているそうなのです。

皮膚科ではなく 形成外科の先生達は この常在菌の働きをとても
重要視しています。何も塗らない肌には 自然と皮脂が浮き出てきて
その皮脂を食べることで常在菌は 人間と共存しています。
そして 皮膚の生まれ変わりも手伝ってくれているのが この菌達で
化粧品やクリームなどで 皮膚の表面をべったりと覆うと
菌が働けなくなり 細胞がはがれ落ち次の細胞を作るサイクルを
閉ざしてしまうことになるそうです。

それだけではなく 皮脂がなくなってしまうと 乾燥します。
そして 私たちは せっせと界面活性剤が入ったクリームを塗ります。
常在菌の餌である皮脂がなくなるだけでなく 界面活性剤は
細胞膜を破壊し 善玉菌の常在菌を消し去り 悪玉菌を招き入れてしまう
ことにもなります。

「傷はぜったい消毒するな」の著者である夏井睦医師は
けがや火傷の消毒に関しても 常在菌を殺してしまい 
治りを遅くするだけと 除菌や消毒にかんして反対されています。
著者本人も シャンプーや 石けんを使わない生活を始めて
2年間経つが(2009年の時点)何ら問題ないとおっしゃっています。

つまり人間の身体から出るものは全て水溶性でお湯だけで落ちるものらしく
お湯だけで 髪を洗ってからは ふけが減り かゆみがなくなり 
抜け毛も減った おまけに枕カバーにつく臭いもなくなった と
おっしゃっています。

美容形成外科医の宇津木龍一医師も ここ5年間 ぬるま水のみで問題ない
と同じことをおっしゃっています。

私もこのお湯だけシャンプーにして 一ヶ月ほどになりますが
確かに 抜け毛がストップしました。臭いも感じません。
ただ髪の毛がまだ多少べとつくので 時々 地肌ではなく
髪だけを石けんで軽く洗っています。 

顔に関しては お湯で洗って 化粧したときは 無添加の石けんで
軽く洗って そのままお手入れもせずに寝ます。
お手入れしていた時よりも 顔はふっくらして 乾燥することもなく
なんら 問題ありません。 あんなに必死にお手入れしていたのが
何だったんだろう と思うほどです。最近逆にくすみまで取れてきた
ようで 顔色が明るくなったとまで感じるほどです。


とはいえ 今までずっと頼ってきた 化粧品やシャンプー
全くなしにするには やはり少しずつ時間をかける必要があるとは
思います。 あせらず ゆっくり 少しずつですね。

私は この常在菌に関しては 美容面だけではなく
精神的な部分においても 大いに関係している問題ではないかとも
感じています。何かとテレビをつけると 消臭・除菌という
CMがはびこっている 日本社会。

どれだけ きれい好きやねん と突っ込んでしまいそうなほど
日本の清潔文化は少し行き過ぎていると感じるほどです。
ここに 今現在様々な 社会問題となっていることにも
関係している気がしてならないのです。

共生とはワンネスのことです。しかし 今日本では
様々なことを除菌しまくっている気がしてならないのです。
このことに関しては また 次の機会に書いてみたいと思います。


参考文献

『肌の悩みがすべて消えるたった一つの方法』  
  美肌には化粧水もクリームも必要ありません  
 著 宇津木龍一

『菌子ちゃんの美人法』
  自分の「菌」でキレイになる、育菌ライフのすすめ 
 著 青木のぼる

『傷はぜったい消毒するな』
  生態系としての皮膚の科学
 著 夏井睦(まこと)

Mama Sophie

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

先週お店に伺った時、ママさんが石けんを使わない生活をしてらっしゃると小耳に挟んだので、私も今、試しているところです。

実は、産後は赤ちゃんのお世話で忙しくて、まともにお風呂に入れませんでした。2日に一度くらいシャワーでざーっと汗を流すくらい。
顔も化粧をしていなかったからあまりゴシゴシ洗いませんでした。
そんな洗顔ですから、洗顔後のお手入れは、自然乾燥。
ああ、もう少し生活が落ち着いたらしっかりお顔のお手入れしなければ…と
思っていたのですが、意外とお肌はツルツル、とても調子が良かったのです。
これまで信じていた高ーいお化粧品、使っても使わなくてもたいして違わなかったんです…(笑)
うーん、今までのお手入れはホントにいったいなんだったのでしょう???

石けん無しがいいよ、というのは色んなところで聞いていたのですが、
でもでも…なかなか踏み込めませんでしたが、
けれど先日お会いしたママさんのお肌はツルツル、髪もピカピカ。
そして季節は冬、私は石けん無しに興味がある!
それならちょっと試してみてもいいかも…と先週から実践してますが、これがなかなからくちんです。
髪も一度オリーブオイルの石けんでササーと流したくらい。でもにおいません。
顔もお手入れしなくても自分の皮脂で適度に潤ってるようです。
1歳の息子も石けんは極力使わないようにしてます。
これまでは嫌がるのを必死で石けんで洗っていましたが、
それをやめたらお顔のぶつぶつが無くなっていました。
あれれれ〜、ほんとに今まで信じていたものはなんだったのかしら…?
ゴシゴシ石けんで洗わなければならない…という思い込みを捨てるとなんてラクチン。

古来からそんなにみんながゴシゴシ石けんで体を洗ってきたわけでも、
除菌除菌とアルコールをシュッシュしてきたわけではないでしょうし…。
自分の体と体をとりまく世界を信じてみたらいいんじゃない?という気持ちです。

そして石けんなしで、一度は失いかけた常在菌さんが戻ってきてくれていると思うと…
なんだか大事にしたくなります(笑)

No title

Nさん 
さっそくご紹介頂いたブログ見に行ってきました。
界面活性剤入り歯磨き粉もやっぱり常在菌を殺して
しまうんですね。歯を磨けば磨くほど虫歯になるなって
なんて皮肉な・・・(゚_゚;) 私は石けん歯磨きを使っていますが
エドガーケイシーのイプサム塩歯磨き粉のほうが良さそうですね。
ためになる情報ありがとうございます。

No title

ユニちゃん 
やっぱ次世代の息子は石けんを嫌がりましたか・・・(^_-)
なんか私たちは小さな天使くんにいっぱい教わるのでしょうね。
キレイなプニプニお肌を、ぜひ守っていきましょう。
また ゆっくりメールいたしますね。
プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から18時木曜日定休日
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR