FC2ブログ

宇宙にゆだねた様々な移り変わりを楽しんでいます。

前回のメルマガで 気分スッキリの方法がわかったから
それをブログで大公開!!な~んて意気込んだ書き込みをしました。
が あれから まだ一週間しかたっていないというのに
いろんな発見と動きがあり、今回のブログではそのことと
違う内容を書かざるを得なくなりました。

実際に書こうと思っていた内容は 存在のエネルギーに関連した
気持ちの解放の仕方だったのですが、私のように存在のエネルギーが
横の人は 感情が揺さぶるような出来事をあえて選ぶと
スッキリするということを伝えたかったのです。
たとえば 切ないラブロマンス映画を見たり 共感できる音楽
を聞いたりすると 結構元気になれるのです。

そこで これを存在のエネルギー別に 考えてみるとどうだろう?
もっともっと探求していけば タイプ別に 
落ち込んだときに元気になれる指南書的に使えるのではないか?
思ったのです。

しかし その内容が一気に変更することになったのは
なんと 3つだと思っていた存在のエネルギーが一つ増えて
4つだったことがわかったからなのです。
それも そのエネルギーの存在は 5年くらい前の不思議な夢
にも出てきていて 無意識の中で知っていたはずだったということ。

そしてその存在のエネルギーそのものが 以前興味を持っていた
あることと、すごく似ている・・・という具合に 様々な謎が
一気に繋がりそうな勢いなのです。

20130301a.jpg

本当に ここ数日の変化は、いかがなものか?(O_o)WAO!!!
と思うほど いろいろな出来事が絡み合うのです。
それも 自分がこうだと思っていた固定観念的な要素が
遠慮もなしに 音を立てて崩れていくようなことばかりが続くのです。

より柔軟になって より自由になって 思い込みがどんどん
外れていって、そうなれば なるほど 違う世界が繋がっていく・・・
そんな中で ふと思うことは・・・

やっぱ この世は「幻想かも」・・・ということなのです。

最近読み直そうと思っている、かの有名な
奇跡のコースという本の始めに こんな言葉が書かれています。

『実在するものは存在を脅かされることはありません。
非実在なるものは存在しません。
ここに「神」の安らぎがあります。』

この言葉だけを読むと何のことかさっぱりわかりませんが
このように説明されています。

・・・・・すなわち 愛の法則ないしは「神」の法則のもとにおいて
知識は真実です。真実は変更不可能であり 永遠であり 
曖昧ではありません。真実は「神」が創造されたすべてのものに
あてはまり、「神」が創造されたものだけが存在します。


それは学びを超越したものです。なぜなら真実は時間とプロセスを
超越しているからです。真実と反対のものはなく、始まりもなく
終わりもありません。真実はただ存在します。

一方において、知覚の世界は時間の世界であり、変化の世界であり、
始まりと終わりの世界です。知覚の世界は事実ではなく
解釈に基づいています。知覚の世界は誕生と死の世界であり、
不足・喪失・分離・死を信じることの上に築かれています。

20130301b.jpg

知識の世界においては いかなるなる思いも「神」を離れて
存在することはありません。
しかしながら 知覚の世界は 対立するもの・分離した意志・
神との不断の葛藤を信じることによって作られています。

知覚によって見聞きするものは 実在するように見えます。
なぜなら、知覚は知覚者の欲求にあったものだけを意識の中に
入れることを許容するからです。これは幻想の世界を導きます。
すなわち、まさに実在しないが故に 絶えず防御を必要とする
世界を導きます。・・・・・・

う~~ん ちょっと難しいですね。でも この少しの文章を読んで
いるだけでも、つまり 普遍的な宇宙の真実以外は全て幻想である 
ということに繋がっていきませんか? 

私達が現実だと信じてやまないことが
実は 勝手な思い込みに過ぎないとわかれば、
これを逆に楽しむことが出来るはずなのです。

だって本当に大切なことは 宇宙の真実と共に導かれていく
ということなんでしょう? それならば、毎日の「現実」だと
思ってることにそんなに深刻に悩む必要もなくなってくるわけですよね。

「天が下のすべてのことには季節があり、全てわざには時がある」

という言葉もあるように、 

自分があたふたと動きまわらずとも 
時が来れば それを伝える鐘が鳴るかのように 
インスピレーションが沸き起こり、自ずとその方向へと導かれていく。
あとは いつ合図があってもすぐ動けるように 常に自由でいる
準備がなされているか ということだけだと思うのです。

ここに来てようやく「すること」ではなく「あること」の大切さの 
本当の意味が わかってきたように思います。

実際 そんな結構「えっ」と思う出来事が次々起こっていても
これこそ 幻想という名のゲームなんだなぁと楽しめている自分がいます。

敵もトラップも何もない、R・P・Gがつまらないように・・・
様々なシーンが必要ですよね。たとえば~ようやくロトの剣が手に入り 
魔法が使えるようになり 薬草を調合出来たと思いきや、しっかり
ゾンビに襲われる。そして ようやく出会えたメタル・スライムにも 
やっぱり逃げられる・・・(^_^;) 
と様々なイベントがあるほうが面白いですものね。

真実以外存在しない という言葉を胸に、宇宙を信頼し 
自らを信頼してみましょう。
そこには 内側から起こるインスピレーションに突き動かさるように 
迷わず一歩を踏み出している自分自身がいるのだと思います。

20130301c.jpg
奇跡のコース 分厚い本だけど また少しずつ 読んでいきたいと
思います。今現在は ショップにあるので ぜひ閲覧しに来て下さいね。

Mama Sophie

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から18時木曜日定休日
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR