fc2ブログ

クロアイシネマ劇場 猿の惑星 創世記 ジェネシス

最新クロアイシネマ劇場 

猿の惑星 創世記 ジェネシス (2011年 米)

監督/ルパート・ワイアット
出演/ジェームズ・ブランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、トム・フェルトン


今日パパとレイトショーで猿の惑星ジェネシスを見に行きました。



前回、見に行った「スーパー8」があんまりの出来で、最近の映画は
さっぱりダメだよな~と すっかり映画離れをおこしかけていたところで、
ジェームス・ブランコ主演の猿の惑星の登場です。

猿の惑星といえば、ラストが衝撃的な作品で有名です。
1968年に大ヒットしたSF超大作で、私たちの年代より上の人たちで
この映画を知らない人はたぶんいないでしょう。
私のイメージで、猿の惑星は 正月の深夜テレビ映画の思い出が強く
猿の惑星-おこた-みかん-初詣に行こうか?・・・なのですが (^^;)

この創世記では、なぜ猿が人間を支配するようになったか
という「猿の惑星」が出来あがった原因のお話になってます。

主演のジェームス・ブランコはバッドマンの敵対役だったあのイケメン俳優。
他、彼女役にスラムドッグミリオネラのヒロインのインド人女優。
よく知ってる人では、ハリーポッターの適、マルフォイ役だった人も
またまた嫌な役柄で出ています。
ソフィーはやっぱり、個性派のジョン・リスゴー(トワイライト・ゾーン)
が一番好きです。

猿の表情がすごくいいのは、パフォーマンス・キャプチャーと呼ばれる技術に
によるもの。その技術でもっとも有名な演技者、
ロード・オブ・リングのゴラム役だった アンディー・サーキスが
今回の猿のシーザー役を演じています。

さて、作品自体は1時間46分という、2時間を切るちょうどよい長さ。
思わず猿の感情に共感してしまう場面も多々あるし
また迫力満載でスピード感溢れるシーンもあって
見る人を飽きさせない展開となっています。

もちろん、この映画のもっともすごいところは特殊効果技術だと思われ
猿のシーザーがまさかCGであるなんて思えないほどリアルです。
特殊効果好きの映画ファンもきっと満足することでしょう。

しかし、いつの世にもはびこる人間の貪欲さが 自然の形態を
変化させてしまうのは、もっとも悲しく情けないところ。
人間の愚かな行為で 宇宙の自然体系を壊してしまわないよう
このような警告的映画は必要なのかもしれないですね。

ソフィー ★★★半
パパ   ★★★★

Mama Sophie

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から19時定休日なし
最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR