FC2ブログ

石の形状で選ぶ 第七回 カシードラル水晶

カシードラル水晶
kath-image.jpg

一つの水晶ポイントに、折り重なるような形状をもつ水晶。
まるで大聖堂を思わせる形から、カシードラル(カテドラル水晶)
と呼ばれるようになりました。
また エネルギー的特徴としても 宇宙の図書館を思わせる
アカシック・レコードとつながる石とも言われ
ニューエイジの人々の間では カシードラル・ライブラリー
という名でも親しまれています。

カシードラル水晶とワークすると
超巨大三角形が頭上に浮かびます。
左の底角は左脳 右の底角は右脳を基点として
その三角形の頂点は
限りなく上に上に伸びたところに存在します。

そこは まさしく アカシックレコードと呼ばれるところ。
その頂点の部分に向かって話しかけてみました。
私の魂が求めていることって結局なんなの?っ・・・と。

答えは「既に知っていた」ことでした。
何度かその答えに到達していながら
どうしても納得できず
頑固にもそのシンクロニシティを拒否していました。

実は この問いかけは もう何年も前のものです。
当時書いた カシードラル・水晶の石の記憶の時だったので
正直 どんな答えだったのか忘れてしまいました。

そこで 新しい気持ちで もう一度このカシードラル水晶と
向かい合って 同じ質問をしてみることにしました。

「私の魂が求めていることは 何なの?」

「宇宙に生きることだろ?」って すんなり返ってきました。

昔の答えは 確かもっと単純だったような気もするけど
年と共に 少しは進化しているのか・・・(^_^;)
う~~~ん 深すぎるけど その通りなのだ!!(*^O^*)

こうやって 宇宙の図書館であるアカシックレコードに
○○です。とはっきりと突きつけられると
もう疑っている場合ではなく
いい加減重い腰を上げなさいと
お叱りを受けているようにも感じます。

10年以上前に この石と向かい合ったときは
左脳の調整だとしか感じられませんでした。
今、まさに両脳のバランスが整う高波動の時代になり
機が熟したかのように 宇宙の真実の扉が開かれる時が
やってきたのかもしれません。

そして、この周波数の高い時代を迎え
もっと高い次世代的意識(一体感になる方法)
でつながってみると・・・
もうそこには、個を感じる世界はありませんでした。

身体は溶けたように 空間を漂い
そして 自らの意識だけが 頭の頭頂から
宇宙とリンクしているといった感じでした。

私たちは はじめっから 宇宙と一体で 
孤独感を感じるなどの 切り離された存在としては
元々あり得ない ということを はっきりと実感しました。

とはいっても 三次元を生きる私たち・・・・ 
まずは個としての存在を活かすために 
一体感のワークではなく、この石と向かい合うワークを
試してみてください。

頭上にある宇宙の高い高い位置に
三角形の頂点を発見したなら
そこに向かって 問いかけてみて下さい
きっと あなたにぴったりの答えが返ってくることでしょう。

Mama Sophie 

ctkath01-l2.jpg

石の形状で選ぶ 第六回 ファントムクォーツ

phat01-l2.jpg


人生は 平坦で ただ日々を繰り返すだけの退屈なものと
思っていませんか? 旅の楽しみは 行き着くまでの道程にある
というように、人生における 沢山のエピソードを蓄えたもの
様々なイベントを経験したものが まさに ファントムクォーツ
といえるのではないでしょうか?

何故ファントムといわれる層が水晶内に出来るのか?
それは、水晶が何度が成長を止めたために出来たもの 
とされています。

まるで 旅の途中で ちょっと 寄り道して
ほっこりと寛いだかのように 小休止しながらも また
成長して 成長して そのたびに 刻まれた記憶のようなものが
このファントムの形状に現れているのかもしれません。

私はこの美しいファントムとして連なった山々を見るたび
ふと自分の人生と重ね合わずにはいられません。・・・

amephanekb10-l2.jpg

面白い人生とは 後から思えば、このように美しい形跡となって残るのだ
例え それが 挫折だったり 血と汗と涙の結晶だったり
勘違いの連続だったりしても、素晴らしい記憶となって
DNAに語り継がれるのだ。

単調な人生を誰かのせいにして送ったのでは 
決して刻まれることない この勲章と呼んでもいいほどの
経験は 魂にしっかりと刻み込まれ 宇宙全体の喜び
となって 全てに反映されていくのだ。

な~ん私的に言わせれば だんだんと大げさになっていくのですが

実際に ファントムとワークをしても 

・・・人生とは こんなにも立ち止まらざるをえない程の
喜びに満ちあふれているのです。どうぞ人生を急ぎすぎないで
ゆっくりと立ち止まって 道草を食って 存分に満足して
納得して 再び歩み始めなさい。・・・・

というメッセージを伝えてきます。

私たちは 何のためにこんなにも生き急ぐのでしょうか?
時間とは幻想に過ぎません。時間がないという観念は
全てにおいて足りないという 勘違いから来ています。
宇宙に足りないものなど何もありません。
全てに行き渡るように出来ているんです。

人生に起こる様々な出来事をつらいことと感じて
目をつぶり、見て見ぬふりをして、平坦な人生を歩むのか?
逆に起こることは全てギフトと感じて
いちいち参加して喜びと共に 美しい形跡を宇宙の記憶として
残していくのか・・・
ファントム水晶は 宇宙の多様性の象徴といえるでしょう。


Mama Sophie

石の形状で選ぶ 第5回 トライゴーニック

トライゴーニックとは、水晶などのポイントに自然に刻まれた
逆三角形の模様のことをいいます。
ポイントに向かって刻印されている三角形は
レコードキーパーと云われ、水晶ポイントを探すと
結構高い確率で見つかります。

そして、ポイントから逆に向かって刻印された三角形は、
トライゴーニックと呼ばれています。
これは、めったに見つかるものではなく、大変珍しいものです。
ポイントの全ての面に刻まれたものは、レア級のレアと言えるでしょう。
tri.jpg


トライゴーニックが持つエネルギーは少しばかり特殊かもしれません。
第六チャクラにストレートに反応したかと思うと
脳全体を細かい振動でシェイクするようなエネルギーを感じます。

明らかに私達の脳全体の振動数を上げようとしていることは明らかで
周波数を高めて、本当の脳の働きを思い出そうとしているかのようです。
トライゴーニックとワークするとこんなメッセージが聞こえてきます。

・・・・私達の脳は、かつては全能でした。
テレパシーは当たり前のごとく機能していましたし
今で云うところの超能力という技能は脳に備わった
誰もが持っているものでした。

今、そのゲートを開く時がやってきています。
新しい時代はもう始まっていて 宇宙は私達の目覚めを今か今かと
待ち続けているのです。

嘘や偽りという駆け引きは通用しない世の中がやってきます。
それは他人に対してだけでなく 自分自身に対してもです。
人は皆自分の真実に従ってしか生きられなくなります。

私達には、一人一人に備わった 宇宙での使命があります。
心から悦びをもって、なす事が「それ」なのです。
「それ」は宇宙の愛に包まれています。
「それ」を為すことは その人にとって何事にも代え難い
愛と悦びを感じます。

「それは」一見すると とても常識から遠く隔たったものかもしれません。
誰もやったことがないことかもしれません。
今更、だれも注目しないことかもしれません。
何が「それ」なのかを知っているのは あなただけなのです。

これまでの時代を経て来た古い思考回路を揺すぶって
全て、新しい回路へとチェンジしていきましょう。
いらないものは振り落とし、魂が望む方向に一歩を踏み出しましょう。

トライゴーニックは、脳の機能を揺り起こす、最高の次世代ツールです。
精神性が高まり、一定レベルの意識に到達したとき
あなたは、引き寄せられるようにトライゴーニックと出会うことでしょう。
そしてこの石と共に瞑想することで、新しい時代に向かう準備が
整うことでしょう。・・・・・・

メッセージを聞いた後 私はトライゴーニックを持って
自分を開いて行きながら、瞑想に入ってみました。

すると 第三の目が大きく開き スクリーンのようなものが
浮かび上がりました。美しい女性が映ったかと思うと
そのスクリーンが大きく奥行きのある とてもリアルな
空間に変わっていきました。

それは無数の星が散らばる宇宙空間のようなところでした。
そして星が散らばっているだけではなく、無数の意識も
飛び交っています。
これはまさしくスターゲートといってもいいかもしれません。 

その宇宙に存在する意識ともつながってみようとチャレンジしました。
自分と波動が合う意識をキャッチすることに集中していると
宇宙空間のところに、身体が細くて長い生命体の映像が浮かんで
来ました。

コンタクトを取ろうと試みましたが、映像を受け取るのに精一杯で
意志の疎通にまでは及びませんでした。
宇宙生命体の意識が高まる、地球時間の深夜3時15分にまた
試してみたいと思いました。

トライゴーニックは不思議な石です。
まさに、目に見えないエネルギーの世界には不可欠な存在ですし
強力かつ有効なエネルギーツールであることは間違いありません。
トライゴーニックに、強く惹かれたなら どうぞコンタクト
してみてください。新しい世界が大きく開けていくことでしょう。


Mama Sophie

石の形状で選ぶ 第四回 レコードキーパー

レコードキーパーとは水晶ポイントなどの、
ポイント面に自然に刻印された
三角形の模様のことを言います。
ポイントの方向に向かって出来る三角形を
レコードキーパ、逆三角形をトライゴーニックと言います。

blogyou.jpg

レコードキーパーは、なにか持ち主に、その人にだけにわかる
メッセージ伝えるために 浮かび上がってくる刻印ではないかと
言われています。 

といいますのも、最初は何もなかった通常の水晶ポイントだったのに
ある日、レコードキーパーが浮かび上がっていたという
報告例がよくあるからです。

もちろん、レコードキーパーを 探して見つけることも可能です。
レコードキーパーは結構な確立で見つかることが多く
きちんと明記してあるお店も増えてきました。
そんな中で 出会うのももちろん あなたのための
メッセージを運んできてくれていると思って間違いありません。

ただ、これは鉱物的価値で見つけるのではなく、
自分にとってのエネルギー的メッセージを受け取るために
見つけるのであれば、沢山レコードキーパーが入っているもの
ではなく、惹かれる石として探してみて下さい。

私は、この石の意味やエネルギーを感じようと思い
お店にあるレコードキーパーを手に取ってみました。
しかし、その石は私にメッセージを伝える物ではなく
特に何のメッセージを受け取ることも出来ませんでした。

そこで ママコレにある、自分の惹かれたエレスチャルの
レコードキーパーとワークしてみることにしました。

・・・・ようやく、私を手に取りましたね
あなたに伝えたいメッセージは数え切れないほどあります。
私を会社に置いておくのではなく 家に持って帰って
瞑想したい場所 心落ち着く場所で メッセージを
受け取れるよう準備しておきなさい。

これから あなたが疑問に思ったこ 悩みが出たときに
いつでも私に問いかけなさい。
あなたが「本当は知っている」ことに気づくと共に
問題に感じてることに対する何らかのヒントへと
導けるかも知れません。

あなたの知りたいことは本には書いてありません。
また石に頼っても 石が解決してくれるわけではありません。
あなたにとってのメッセージは全てあなたの中にあります。
そうです、あなたは 私、この石を通じて
自分自身に聞いているのです。
そのことを忘れないように・・・・

おお~~これは ちょっと おこられちゃったかな~
確かにこの石は執筆部屋に置いたままだったな~
今日さっそく 持って帰って メッセージ聞きたいと思います。

自分の石じゃなかったら 全然 意思疎通できないのに
これは 本当に個人向けメッセージなんだなぁと
とても興味深い レコード・キーパー
あなたも あなただけのレコードキーパーを見つけて
自分の奥底の声を聞くツールとして大切にしてあげて下さいね。

石の形状で選ぶ 第三回 エレスチャルクォーツ

水晶の中でも特別に
『天使からの贈り物』と言われるエレスチャル
内に内に結晶化し、そこには多くの空洞部分があり、
古代の空気が入っています。
eles09-l2.jpg


水入りで気泡が動くものもあります。
結晶化するのに数千年から数億年かかると言われています。
あまりにも美しい透明感と その存在感に圧倒され
心が奪われるほどです。

エレスチャル・クォーツは 別名スケルタル・クォーツ(骸骨水晶)
とも言われています。
その穴が開いて今にも崩れそうな見た目から名付けられた
と想像されるこの石は 実際には名前とは程遠い
素晴らしいエネルギーの持ち主なのです。

見た目ではなく、エネルギーとしてこの石を感じた感知能力者が
「エレスチャル・クォーツ」というぴったりな名前を新たに命名し、
現在のパワーストーンの世界ではこちらの名前が
定着した感があります。

水晶は多くの地域で産出され、様々な形状やエネルギーを持つ
パワーストーン代表選手のような存在ですが、
そんな水晶の中でもエレスチャル・クォーツは飛び抜けて周波数が高く
頭の中の意識の高いところに働きかけてきます。
rare-bigeleg-l4.jpg


水晶の最終形態と言われるだけあるこの水晶は、まるで老賢者のようです。
長い長い年月の間、彼らが遭遇してきた数多くの歴史や物語は
尊い知恵の記憶として深く内包され、刻印されていったのでしょう。
それはまるで、知りたいと深く願う人だけに開かれた
密教のごとく深く隠された奥義を明かすのに似ているかもしれません。

エレスチャルとワークすると、この世界がエネルギーに満ちた場所で
あることを再確認できます。
肉体の感覚が消え、宇宙空間に浮かんでいるように漂い
そして意識を広げていくと なんとその空間は
様々な色合いを持つエネルギーの宝庫であることに気づきます。

それは天使たちの戯れかもしれない・・・。
多次元的生命体たちが奏でるメロディーかもしれない・・・

ここは確実に「個」という意識を超えた
全てがつながっている空間であり、安心感と安らぎの場であり
インスピレーションが沸き起こる宇宙の源(ソース)でもあると感じます。

そんな、素晴らしい世界を、エレスチャルクォーツと共有するとき、
なんて私たちは 小さなつまらないことで 毎日を無駄にしているのだろう
私たちはこんなにも素晴らしいエネルギー的存在なのに
どうして、この肉体だけが全てと思ってしまうのだろう。と
深く考えさせられてしまうのです。

私はこのエレスチャルという石に惹かれて仕方がないのですが
これは、自分が今奮闘している現実というものは 
「実はただの幻想でしかない」ということを心の奥で
きっと知っているからなんだと思います。
つまり、エレスチャルは、そんな本当の真実の姿を思い出させてくれる
エネルギー・ツールだからこそ、愛してやまないのだと思うのです。

自分が愛という宇宙全体の存在と同等であると思い出したいとき
どうぞ、このエレスチャルと一緒にワーク(瞑想)してみてください。
自分は決してひとりぼっちではなかったことに気づき
安らぎと深い愛に包まれることでしょう。


Mama Sophie ★ 
]

エレスチャルクォーツはこちら
プロフィール

ソフィーママ

Author:ソフィーママ

WEBショップへ
Facebook
地図
〒604-8112 京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町85-2 TEL:075-211-6914 営業:11時から18時木曜日定休日
最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR